【まんぷく】6話あらすじと視聴率!長谷川博己のラスト1分のプロポーズに感動の声

福子(安藤サクラ)は、3年ぶりに立花萬平(長谷川博己)に再会した。福子がまだ結婚していない、萬平は笑顔になった。

第6話、福子と萬平の出会いは偶然ではなかった。それが分かった時、萬平は福子の姿を探した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」6話 視聴率

第1週「結婚はまだまだ先」第6話が10月6日土曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.3%でした。

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」6話 あらすじ(10/6)

二人で食べる初めてのラーメン!

咲(内田有紀)は、体調を崩して寝込んでいた。福子は、お見舞いに行く。そこへ、真一(大谷亮平)が帰ってくる。

何か食べたのか?粥を作ろう。

今井家の前には、白馬が止まっていた。牧善之助が咲に会いに来ていた。

夫婦、仲良く暮らしています。もう、この家にはいません。

牧善之助は、咲のことが好きだった。ショックを受けながら帰っていく。

克子の旦那は、やっぱりダメよね。あちらの親御さんに助けてもらってるのよ。それなのにお金が足りないって借りにきたのよ。

福子は、克子のためにお金を用意した。その帰り道で萬平に会ってしまう。

こんなところで福子さんに会えるなんて。お茶でもどうですか?

福子は、大きなお腹の音をならした。二人は、屋台のラーメンを食べに行く。

縁がある福子と萬平

福子は、ラーメンが大好きだった。大阪東洋ホテルの入社の話になる。

たしか、前に大阪東洋ホテルに電話したとき。間違えて外国人に繋がれたことがありました。あれは3年前のことだったかな。

その時の電話交換手は、福子だった。

それ私です。立花さんやったんや~。本当に申し訳ありませんでした。

咲の結婚式よりも前に二人は話していた。

こういうの縁って言うんですかね。

「理創互作社」では、加地谷圭介(片岡愛之助)が待ち構えていた。世良勝夫(桐谷健太)のことを聞かれる。

今朝、電話がありました。工場を見たいと。製品の製造過程を知りたいそうです。しっかりしたモノやったら世良商事で扱いたいと。

加地谷は、社長をしている。共同経営でも勝手に決めて欲しくなかった。

僕と付き合って下さい

世良商事は、野上商会の根菜切断機を扱っていた。

野上商会より立花くんの作った根菜機の方がはるかにええ。ぜひ、僕に売らせて頂きたい。

加地谷は、追い出してしまう。

お前は、人を見る目がない。

日本は、アメリカとイギリスを敵に回した戦争が始まっていた。日本が負けるとは、誰も思いもしなかった。

福子さん、アメリカと戦争が始まってしまいましたね。でも、でも僕とつき合って頂けませんか?お願いします、福子さん。

10月8日(月)からは、「…会いません、今は」がスタートします。福子と萬平の付き合いに鈴が反対する。咲の病気が深刻なものだった。

朝ドラ「まんぷく」6話感想

日本は、アメリカとイギリスを敵に回す戦争を始めていた。時代は、大きく動こうとしているときだった。

こんな時、男は女を守ることは出来ない。でも、でも、萬平は福子を選んだ。

(記事内の画像出典:公式ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です