朝ドラ「わろてんか」第107回あらすじと視聴率21.1%!しゃべらん漫才はリリコと四郎を引き裂いた

f:id:dreams3359:20180211155830p:plain

ミスリリコ&シローが面白かったのは、四郎がつっかえたところだった。四郎の分までリリコが喋る。てんは、あえて喋らない漫才をやると言い出す。

第107回は、てんの説明不足が「ミスリリコ&シロー」の解散を引き起こす。興行師として初仕事は白星で終わってしまうのか?

ドラマ「わろてんか」第107回視聴率

  第19週「最高のコンビ」第107回が2月8日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.1%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第107回 あらすじ(2/8放送)

あえてしゃべらない漫才をやる

四郎は、つっかえないように必死でセリフを覚えていた。

 

あえて四郎さんが、しゃべらん漫才にしたら面白いんやないか思うて。

 

リリコは、漫才師がしゃべらないなってあり得ない。

 

僕だけがしゃべらんと、フォローして困ってるとこアホみたいに笑われとけちゅうんですか?

 

バカにされたからではない。思いも寄らないことが起きた時、四郎の姿が可愛らしかったんだ。楓がてんをかばうが四郎は怒ってしまう。

 

ウチも反対や、四郎は必死でしゃべくり稽古してる。それを無下にはでけへん。

 

リリコは、四郎の努力している姿を誰よりも知っていた。

キースとアサリの似顔絵饅頭

 

てんは、もう一度話をしようとした。

 

社長、見といて下さい。必ず高座で笑いとってみせるさかい。僕は、意地でもしゃべくり漫才ものにしますから。

 

楓は、台本を書いていた。うまく書けなくて万丈目に相談する。

 

しゃべらない漫才って、どない思います?

 

 

それは、漫才の台本やないな。漫談や。ひとりしかしゃべらへんやったら、ふたりでいる意味がないな。

 

隼也は、キースとアサリの似顔絵を饅頭にした。

 

キース・アサリ師匠の似顔絵饅頭です。ためしに作ってみたんですけど、どないです?

 

売店では、雑誌・弁当・化粧水など、もっと賑やかにしようと考えていた。風太は、賛成してくれた。隼也の企画が通った。

ピエロみたいに笑われたくない

 

ミスリリコ&シローの高座は、あまりにも必死でつまらなかった。お客さんも聞いていない人までいた。

 

どや、完璧やったろ。

 

四郎は、つっかえずにしゃべることが出来た。リリコは、芸人の世界をよく知っていた。その反応を肌で感じていた。

 

今やらんと、しゃべらせしてもらえまへんから。

 

芸人の世界を知らない四郎は、しゃべくりが全てだと思っていた。その必死さが面白くない。そのことに気付かないでいた。

 

しゃべらん漫才?

 

四郎は、リリコの相方としてのプライドがあった。しゃべらないなら自分でなくてもいい。風太に愚痴をこぼす。

 

僕は、ピエロみたいに笑われとけっちゅう話です。

 

頭カチカチの風太とおトキのケンカ

 

てんと風太の意見がぶつかった。芸人は、しゃべってナンボ。てんは、四郎に合った漫才をすればいいと思っていた。

 

漫才は、しゃべくりがおもろいねん。

 

このままでは、社長の道楽と思われてしまう。風太は、そのことが心配だった。

 

だいたい、あんたの言う漫才って何?自分が守って来た漫才やろ?今までの形にばっかりこだわって、頭カチカチ顔をコチコチや。

 

 

また、そんな言うの。ホンマ好き?俺のこと?俺はお前らのこと思って言うてんのや。

 

 

お前らのこと?だから、あんたはいつまでも頭カチカチなんや。飛鳥に移ったらどないするねん?

 

 

移るかそんなもん。飛鳥ちゃん、一生カワイイまんまや。

 

おトキは、風太の耳を引っ張る。

 

取れた、耳とれた。

 

しゃべれん漫才はリリコと四郎にしかできない

 

てんは、おトキと風太の夫婦ゲンカを見て分かった。

 

やっぱり、面白いわ夫婦ゲンカ。なぁ風太、もうちょっと待ってくれへん。何とかするさかい。

 

てんは、リリコと四郎の気持ちを考えなかったことを謝った。

 

ホンマにすんませんでした。

 

 

ウチらの方こそ悪かったな。

 

てんは、新しい漫才を本気で考えていた。ミスリリコ&シローにしか出来ない漫才だった。

 

しゃべらん漫才やったら、四郎さんの魅力をもっと引き出せる思うんや。な、しゃべらん漫才に賭けてみまへんか?

 

てんは、楓やみんなを信じて欲しいとお願いする。

しゃべらん漫才に賭けてみたい

 

リリコは、確かに新しい漫才だと思った。しゃべることだけが全てじゃない。そこに可能性を感じていた。

 

四郎と話してみる。

 

リリコと四郎は、「マンマン」にいた。

 

どないしたん、食べへんの?

 

 

なぁ、しゃべらん漫才なんやけど、ものは試しで一辺やってみたらどうやろ?

 

四郎がどんなに上手くなってもダメかも知れない。リリコは、笑いの世界をよく知っていた。

 

あんたがうまなったら、うまなるほどお客さんがわろうてくれへん。なぁ、一辺やってみよ。

 

リリコは、頑張れば四郎の夢のドイツ行きが叶う。そのために四郎に提案していた。

四郎は、お金のためだけに漫才をしていたワケじゃなかった。真剣に芸に向き合ってきた。

 

僕は僕なりに真剣に芸に向き合うてきたつもりや。君だけは分かってくれてる思うてたのに。君まで僕の事バカにしてたのか思うと悔しいわ。

 

四郎には、てんやリリコの気持ちが通じなかった。

 

もうええ、辞めたる。解散や。

 

四郎は、飛び出してしまう。

朝ドラ「わろてんか」第107回感想

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です