「BG~身辺警護人~」第8話あらすじと視聴率16.4%!村田の最後の声ICレコーダーが消えた章は立原と真実を追う

f:id:dreams3359:20180319184542p:plain

民自党幹事長に恨みをもつ元秘書・植野(萩原聖人)は、村田(上川隆也)を撃ってしまった。章(木村拓哉)は救急車に乗り込むのが、傷が深く村田は死んでしまう。

第8話は、「最終章!最も危険な任務… 消された証拠を取り戻せ!!」が放送されました。

ドラマ「BG~身辺警護人~」第8話視聴率  

テレビ朝日ドラマ「BG~身辺警護人~」の第6話の視聴率は、16.4%でした。自己最高を記録した。

キムタク主演のドラマ「BG~身辺警護人~」、第8話では村田の殉職という悲しい出来事からスタートする。

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

 ドラマ「BG~身辺警護人~」第8話あらすじ

ヒーロー気取りのボディーガード

章は、元妻・仁美(山口智子)の警護中に事件に巻き込まれる。民自党幹事長・五十嵐に恨みを持つ元秘書・植野が発砲してしまう。

章をかばった村田は、足にケガをしてしまう。その傷は深く救急車の中で亡くなってしまう。

 

被害者自ら逆上した被疑者に接触したと聞いています。

 

警視庁の氷川(宇梶剛士)は、そう説明した。現場に居合わせた立原愛子(石田ゆり子)は、何も見ていないと発言した。

ネットには、「ヒーロー気取りのボディーガード、警察の真似事して失敗」と書かれてしまう。

 

お父さん、ご苦労様でした。

 

葬儀では、村田の大切にしていた妻からのプレゼントの時計が飾られた。

狙われたボディーガード

 

日ノ出警備保障には、仕事のキャンセルが続いた。やっときた依頼は、サスケフーズの会長からだった。新商品「エッグちゃん」の発表会の警護の依頼。

 

2年以上かけて開発した、画期的な味なんだ。

 

高梨(斎藤工)は、村田の事件に関わったSPの落合(江口洋介)に会う。それが無茶だと分かっていても、何もせずにはいられなかった。

日ノ出警備保障に立原がやってくる。

 

島崎さん、身辺に気を付けて下さい。

 

あの事件の目撃者は、SPと政治家以外は章だけだった。章は、何者かにつけられていた。

消えたICレコーダー

 

サスケフーズの新商品「エッグちゃん」の発表会が開かれた。工場の従業員たちが紛れ込もうとしていた。章と菅沼は追い返す。

葬儀場にいた怪しい人物ふたりも見つけた。だが、無事に発表会を終えることができた。

いろいろ報道は見たけど、あんなものは信じていない。村田さんを信じている。

高梨は、村田のパソコンから音声データを見つけた。それは、ボディーガードをするときは、証拠となるものをICレコーダーに残していたのだ。

 

遺品が返還されていない?

 

村田は、全ての仕事の記録を残していた。でも、ICレコーダーは返されていなかった。

高梨の過去と思い出の写真

 

高梨は、村田の息子・庸一のことが気がかりだった。自衛隊を辞めた理由を章に話し出す。

 

臆病な後輩がいて、度胸をつけるために山岳訓練に連れてったです。したら滑落事故にあって大ケガして、そいつは除隊しました。

 

そのことがきっかけで高梨は、自衛隊を辞めてしまった。その後輩が庸一に似ていたのだ。高梨は、ボディーガードに戻ってよかったと思っていた。

 

村田さんのこと、このままうやむやにしたくないです。

 

菅沼は、村田と一緒に映した写真をもってきた。

 

ずっと辛くて見れなかったけど、撮っといて良かったね。

 

それは、高梨の歓迎会をしたときの写真だった。

傷つくのは自分だけでいい章の覚悟

 

章は、何者かにつけられていた。そして、立原愛子からの伝言を思い出した。

 

身辺に気を付けて下さい。政界にしがみついてきた私からの警告です。

 

 瞬の荷物をまとめる。

 

何で日曜に、こんな早く起こすんだよ。

 

章は、瞬を危ない目に合わせることはできない。元妻・仁美のところに行かせることにする。

 

俺今度、危ない仕事することになった。瞬、これからいろんなところ行けよ。

ものすごい遠いところとか、すっげー高いとことか、信じらんないくらい広いところとか。寒いとことか。

 

仁美のところに戻って行く瞬の後ろ姿を見つめた。

消されたデータには村田の声が

 

警視庁に向かった高梨と章は、村田の息子・庸一の警護をする。

 

先日の発砲事件の被害者、村田五郎の息子です。父の所持品を返して頂きたいのですが。

 

ICレコーダーには、事件当日の音声データは残っていなかった。

 

だから簡単に返したのか、おかしいと思ったよ。オヤジはやっぱ勘違いボディーガードで終わるしかないんだよ。

 

章が外に出るとバイクに乗った二人乗りに襲われかかる。それを高梨が見ていた。

 

完全に島崎さん狙いですね。

 

あなたしかいない

 

章は、立原愛子に直談判する。

 

立原先生、あの日見たことを公にして頂けませんか?それが出来るのは、もうあなたしかいないんです。先生、僕は諦めませんから。

 

地位も権力も武器もない自分たちが、唯一持っていたものを奪われた。諦めることはできない。

立原は、五十嵐に会った。

 

先生、火は消えていませんでした。きっと誰にも消せないと思います。事実を公表するべきです。私は間違っていました。そして先生も。

 

立原は、大臣を辞職することを決めた。落合にはお礼を言う。

 

あなたには感謝してるわ、今までありがとう。

 

落合は、章を排除しようと考えた。それは警視庁への信頼を守るためだった。

 

島崎さん、私が話します。事件の真相を公表します。

 

立原は、タクシーで日ノ出警備保障にやってきた。章たちと一緒に戦うことを約束した。

ドラマ「BG~身辺警護人~」第8話感想

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です