【3年A組】4話あらすじと視聴率!現代の闇に切り込む菅田将暉の本気がすごい

2019年冬ドラマ
スポンサーリンク

柊一颯(菅田将暉)は、生徒を殺していなかった。茅野さくら(永野芽郁)は、下の階から微かな人の声を聞いていた。たしかに海斗の声だった。

第4話、「事件は核心へー。黒幕はアイツ! 広がる闇。物語は核心へ」が放送されました。

 「3年A組-今から皆さんは、人質です」4話視聴率

「3年A組-今から皆さんは、人質です」の第4話が放送されました。気になる視聴率は、9.3%でした!

新事実発覚!死に追い込んだ同級生の罪、生徒は何を隠し目を背けようとしているのか?一人ずつ真実が暴かれようとしていた。

「3年A組-今から皆さんは、人質です」4話あらすじ

動画を加工したのはダレだ!

茅野さくらは、宇佐美香帆(川栄李奈)と犯人探しをしていた。内通者は、誰だ。

つまり里美に動画を撮らせた生徒がいるってことだ。

里美海斗(鈴木仁)に動画を撮らせたのは、甲斐隼人(片寄涼太)だった。動画を加工したのは、隼人ではない。柊は、夜8時までに話さないと10人が犠牲になると言った。

3年A組の甲斐隼人です。兄ちゃん、人質になってるから。代わりにココの先生が母ちゃんの世話をしてくれるって連絡きたんですけど。

隼人の母親は、体が不自由だった。郡司真人(椎名桔平)は、喜志正臣を取り調べする。貴志は、無許可でガールズバーを経営していた。

「ベルムズ」って知ってるか?

「ベルムズ」は、半グレ集団。その許可がないと営業することは出来ない。貴志は無許可だからバレなかったと言った。

相楽文香(土村芳)は、携帯を取り戻しに来る。立てこもり事件は、私のせいかも知れない。文香は、「ベルムズ」の名前を聞いて反応してしまう。

甲斐くんが起こした事件知ってるでしょ?あの現場に実は私もいたの。

景山澪奈(上白石萌歌)は、柊に相談していた。

甲斐の夢は母親の事故で奪われる

澪奈は、不良グループにさらわれそうになったことがある。その時に助けたのが甲斐だった。

私でよければ相談にのるし、力になれることがあるなら協力するし。

さくらは、甲斐の力になろうとした。甲斐は、母親が交通事故で寝たきりになってしまう。ダンスで世界一になるの夢も諦めるしかなかった。

私の事故のせいで、家計を支えるためにアルバイトを掛け持ちして。

甲斐は、澪奈を呼び出した。澪奈は、「ベルムズ」のメンバーに拉致されそうになってしまう。

文香です、久しぶりです。もしかして、私のためにこんなことしてるの?

柊は、文香からのメッセージを聞いた。甲斐は、柊と勝負をする。

お前に勝って、フェイク動画の黒幕を暴いてやる。

甲斐は、お金が欲しいために澪奈を利用した。

素直になれよ、夢を諦めた自分とは対照的な彼女が妬ましかった。違うか?

お前のその手で道を切り開け!

甲斐は、母親のためにガマンをしていた。ダンスをやめたのは、自分が何もしなかったからだ。

お前が抱いた悩みや苦しみを誰かにぶつけたか?仲間にクラスメイトに教師に。どうしてもダンスがやりたい、誰かに助けてくれって。お前は、すがったか?

石倉光多(佐久本宝)は、一緒にダンスをしていた仲間だった。突然、やめると言い出した甲斐の理由が分からなかった。

金の工面はできなくても、弟たちの面倒ぐらい俺たちにだってできる。

甲斐は、弱さを見せることが出来なかった。チャンスはあったはずだ。景山の人生を狂わせたひとりを柊は許さない。

甘えてんじゃねーぞ。遅いなんて言わせない。景山のために真実を明かして、明日と戦えあらがえ。もがいて掴め。

甲斐は、「ベルムズ」に脅されていた。リーダーのKは、喜志正臣だと証言した。郡司は、ガールズバーにいた。

警察もずっと探していたんでしょ、「ベルムズ」のアジトを。

郡司は、監視カメラから隠し部屋を見つける。貴志を拘束する。

お前もお前の家族も心配ない。変わるなら今だ、お前のその手で道を切り開け。

諏訪唯月(今田美桜)は、貴志と同じアクセサリーを持っていた。ショックは隠せない。柊は、全てを話そうとするが倒れてしまう。

ドラマ「3年A組」4話感想

見逃し動画配信サービス「3年A組」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「3年A組-今から皆さんは、人質です-」は、動画配信サービスHuluで見逃し配信しています!
・視聴するためには、スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・「Huluアプリ」をダウンロードする必要があります!
・今なら2週間、全動画を好きなだけ楽しむことができるお試しキャンペーン中です!

動画配信サービス「Hulu」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

Hulu

※紹介している情報は2019年2月2日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

(記事内の画像出典:公式サイト

2019年冬ドラマ
スポンサーリンク
きららをフォローする
うさぎの日記

コメント