【半分、青い】147回あらすじと視聴率!律が鈴愛にキスをした好きよりも強い気持ち

津曲(有田哲平)は、「スパロウリズム」が自分の会社だと修次郎にウソをつく。扇風機の開発をしている。そこへ鈴愛がきてしまう。

第147回、律は家にも帰らずに開発をしていた。ソファで眠る律の顔、鈴愛はキスをしようとしてしまう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」147回率

第25週「君といたい!」第147回が9月19日(水)に放送されました。気になる視聴率は、22.2%でした!

朝ドラ「半分、青い」147回 あらすじ(9/19放送)

生産ルートの確保

「スパロウリズム」では、津曲と修二郎がいた。息子の前で扇風機の開発をしているとウソをついてしまった。

お父さんの下で働いています。お世話になっています。

鈴愛(永野芽郁)は、とっさにウソにつき合った。修二郎は、イジメにあってから学校にあまり通っていない。

津曲さん、実は相談があるんですけど。そよ風の扇風機を量産してくれる工場を紹介して欲しいんです。

生産ルートが決まってないと銀行も相手にはしてくれない。投資家も見つからない。

へぇー、そよ風の扇風機ねー。これウチで作れって?資金あるの?ホント売れんの?

岩堀製作所では、まるで相手にされない。

俺が悪いんだろうなー。そよ風の扇風機がガシッとできていれば、もっと相手方を説得できるんだと思う。

律(佐藤健)は、鈴愛に謝る。

黒のワンピースにマグマ大使の笛

晴は、弥一の写真教室に通っていた。

ちょっとしたことで上手な写真が撮れるんや。

生きていることを楽しんでいるようだった。晴は、そよ風の扇風機を気にしている。

もうすぐや。楽しみにしてて。

花野は、ドッチボール大会の審判をすることになった。マグマ大使の笛を使おうとしていた。

ちゃんとしたホイッスル買っといてあげる。

鈴愛は黒のワンピースを着ていた。花野は、マグマ大使の笛を渡した。

ママ、今日のワンピースもカワイイけど。ちょっと足りない。これ付けてけば。

律は鈴愛の距離感が近づく

「スパロウリズム」では、律が眠っていた。鈴愛は、その寝顔に顔を近づける。

おはよう。

律は、鈴愛の手を握った。

今、何時?

8時、まだ早い。

入る?

律は、ソファに鈴愛を誘う。後ろから、そっと抱きしめる。鈴愛は、マグマ大使の笛を吹く。

りーつ。律の真ん中で、律を呼ぶ。なんつって。

鈴愛は、音が怖かった。左側が聞こえないから、何の音だが分からない。不安で仕方がなかった。

音は怖く、風は優しく。律はあったかい。

そう?

鈴愛は、振り向いて律に抱きついた。律を見つめた鈴愛は、静かに目を閉じる。律は鈴愛にキスをした。

朝ドラ「半分、青い」147回感想

佐藤健のいいところは、ビジュアルだけではない。その演技力は、本気で好きなんじゃないのか?と錯覚させるほどである。

どんな作品を見ても、いつでも本気の圧を感じる。いろんな噂はあるけれど、最後は一緒になって欲しいな~と思った。

(記事内の画像出典:公式サイトより

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です