【半分、青い】118回あらすじと視聴率!仙吉の人生は幸せだった

朝ドラ「半分、青い」
スポンサーリンク

楡木家では、昔のようにみんなで朝ごはんを食べていた。仙吉(中村雅俊)は、家族の姿を見つめていた。

第118回、マグマ大使の笛が復活した。昔のように懐かしい声が聞こえた。

朝ドラ「半分、青い」118回視聴率

第20週「始めたい!」第118話が8月16日(木)に放送されました。気になる視聴率は、21.5%でした!

朝ドラ「半分、青い」118回 あらすじ(8/16放送)

マグマ大使の笛

律(佐藤健)、マグマ大使の笛で起こされる。それは、鈴愛(永野芽郁)ではなく花野の声だった。

律ー、りーつ。

律は、昔に戻った気分になる。人生をやり直す覚悟を決めるところだった。

ママが持ってた。ママにならった。これ3回吹いて呼べば、律は出てくる。

花野は、鈴愛が書いてくれた犬の絵を見せにきた。仙吉は、鈴愛の絵が描くところを見ていた。

おじいちゃん、タレの味みて。

鈴愛は、五平餅のタレを作っていた。仙吉は、甘味が足りないと言った。

仙吉の人生は幸せだった

宇太郎(滝藤賢一)は、カフェの店舗の打ち合わせをしていた。

俺はええよ。任せるわ。

1945年に戦争は終わった。満州から戻った仙吉は、家業の食堂の後を継ぐことになった。みんなが笑顔で食事するのを見るのが楽しかった。

まさか90歳になるとは、思わんかった。

何かをやり遂げて思い残すことなく死ぬのもいいけど、何かを楽しみにしたまま夢の途中で死ぬのもいいと思っていた。

ええなぁ、幸せや。

仙吉は、「つくし食堂」の2号店を誰よりも楽しみにしていた。

青は藍から作られるけど、藍より青い

花野は、保育園のお昼寝が出来なかった。花野の父親・涼次がくれたぬいぐるみを持っていた。

明日からココンタ持って行く。

仙吉は、「つくし食堂」の2号店の名前をつけたかった。

おーちゃんセンスないからな、ここだけのヒミツや。

鈴愛は、五平餅を完成させていた。草太は、仙吉を超える味と思った。

青は藍より出でて藍より青しね。

青は藍から作られるけど、藍より青い。弟子が師匠を超えて行く時の言葉だった。

では、さっそく師匠のお祖父ちゃんに。

仙吉と花野は、一緒に眠っていた。

カンちゃん、お祖父ちゃん。おやつ。お祖父ちゃん、おやつ。

仙吉は、眠るように静かに息を引き取っていた。88歳の大往生だった。

朝ドラ「半分、青い」118回感想

(記事内の画像出典:公式サイト

コメント