「半分、青い」第38回あらすじと視聴率20.4%!出会うべくして出会った律と正人

喫茶「おもかげ」は、律(佐藤健)たちが通ったお店に似ていた。アツアツの鉄板の上には、卵とナポリタンがのっている。

第38回、律と正人は遠い昔から繋がっていた。鈴愛がマグマ大使の笛を吹いても誰もきてはくれない。自分に自信がなくなってしまう。

朝ドラ「半分、青い」第38話 視聴率

第7週「謝りたい!」第38話が5月15日(火)に放送されました。気になる視聴率は、20.4%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」第38話 あらすじ(5/15放送)

女の子は自分よりキレイな男に近づけない!

喫茶「おもかげ」のナポリタンは、卵たっぷりの上にのっていた。側にいる秋風羽織(豊川悦司)は、美味しそうな匂いにつられて注文する。

同じの、ナポリタン。

正人(中村倫也)に近づいてくる女の子たちは、ネコを見せて欲しいと言う。

気がつくと俺にしなだれかかってるの、ネコじゃなくて俺がなでなでされてるの。

律はキレイな顔をしている。女の子たちは、自分よりもキレイなものには近づけない。

俺こんなキレイな顔の男見たことない。

正人は、ディスコ「マハジャロ」に一緒に行こうと誘う。女の子たちは、お立ち台で使う扇子にオーデコロンをふる。

出会うべくして出会ったふたり

正人は、名古屋の海東高校を受験していた。受験に向かう途中で車にはねられた犬を見つけてしまう。

二度はねされないように道路の脇に連れて行った。でも、受験があるため病院にまでは連れて行けなかった。

死んじゃったよねーきっと。俺は自分の受験と引き換えに犬の命を。

正人は、あの時のことを思うと罪悪感でいっぱいになった。律は、どこかで聞いた話だと思った。

えっ、それってさ、海東高校の前の古川橋の上?白い柴犬ちょっとふっくらした。正人、大丈夫だその犬助かった。俺が病院連れてった。

正人は、海東高校の受験には合格しなかった。2人は出会うべくして出会ったのかも知れない。

ええ話や。

秋風羽織は、二人にアイスクリームをプレゼントした。

すれている裕子と真っ直ぐな鈴愛

鈴愛は、カケアミが上手になっていた。秋風ハウスでは、晴から連絡が入っていた。裕子(清野菜名)がとる。

ねぇ、さっき電話あったよお家から。要件聞かないの?

裕子は、カケアミのことを言い出す。

ねぇあなたこれチャンスだと思ってるでしょ?違うよ印籠渡すためだよ。カケアミなんて、いきなりやらせて。

裕子は、前向きに生きようとする鈴愛がどこか気に入らない。

いつだって誰かが自分を助けてくれると思ってる。何とかなる、人が支えてくれると思ってる。ちょっとカワイイから恵まれて育ってきたんだね。

恵まれてない、私は左耳が聞こえん。いいたいことだけ言っていくな。

2人は、取っ組み合いのケンカになってしまう。ボクテ(志尊淳)が止めに入った。

マグマ大使の笛に甘えてきた鈴愛

鈴愛には、思い当たるふしもあった。久しぶりにマグマ大使の笛を鳴らす。

こういうのがあかんのや、甘えとるってことか。

律に甘えていた自分を思い返していた。鈴愛は、自分に自信がなくなってしまった。

スズメちゃん、笛うるさいよ。もう夜中だよ。

鈴愛の部屋をノックしたのは、律ではなかった。

朝ドラ「半分、青い」第38回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です