【半分、青い】99回あらすじと視聴率!涼次の大きなチャンスを祥平が奪う

涼次の書いた「名前のない鳥」は、原作者の佐野弓子に気に入られた。森山涼次には才能があった。

第99回、涼次の大きなチャンスを祥平は奪ってしまう。罪の意識に苦しむ祥平は落ちてしまうのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」99回視聴率

第17週「支えたい!」第99話が7月25日(水)に放送されました。気になる視聴率は、21.7%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」99回 あらすじ(7/25放送)

涼次は監督デビューできない!

「名前のない鳥」の原作者・佐野弓子は、涼次のシナリオをよく出来ていると思った。

森山涼次さん、この人才能あるよ。映画化決定!

元住吉祥平は、自分が監督をしたいと言い出す。佐野弓子は祥平を選んだ。

この「名前のない鳥」、元住吉祥平さんに監督してもらう。

涼次は、監督デビューをしたくて2年の月日をかけていた。その時間は報われないのか?

俺じゃダメってことですか?あっでも嬉しいです。この本は認めてもらえたんですから。

涼次は、自分の書いたシナリオを祥平に渡した。鈴愛は、納得できない。

なんで祥平さんが撮るの?涼ちゃんの本じゃない。

佐野弓子が描いた「名前のない鳥」は、まだ誰も見たことのない美しい鳥を見つける話です。その映画化は話題になった。

明日に震えていた自分に似ている

祥平は、鳥に詳しい人をスタッフに欲しいと言う。藤村麦にお願いすることになった。

いいなぁ、麦さんの鳥の話。

麦は祥平の顔が浮かないことが気になった。涼次は、絵コンテを見つめる。

やはり涼次が撮るべきです。

祥平は、班目を呼び出していた。「名前のない鳥」は、佐野弓子の原作と元住吉の監督で出資が決まっている。今さら変えられない。

今さら監督交代なんて、うんって言うわけないじゃないですか。

祥平は、自分のしたことの罪の深さを感じていた。班目は何も知らない。

この脚本は森山涼次のモノです。彼に返したい、返さなきゃ。彼に撮らせてやって下さい。

出資も映画会社も決まっている、今さらひっくり返すことはできない。弓子は冷たく、そう言った。

どんな小さなチャンスでも見逃さない、すばしっこいネコみたいに。見苦しいこといっぱいして。

祥平が俺を使ってくれ、その目が明日に震えていた自分に似ていた。いい人でいたら、この世界では生きてはいけない。

祥平は闇に飛び込む

外は土砂降りの雨が降っていた。祥平は涼次に電話をする。

涼次、ごめん。許してくれ。

電話は、すぐに切れてしまう。祥平はベランダに立った。白いカーテンが悲しく揺れる。

朝ドラ「半分、青い」99回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です