矢作兼がよく行くお店!碑文谷にある吉法師(きちほうし)の「天邪鬼そば」

人生最高のレストラン

東京の目黒区にある「吉法師(きちほうし)」は、そば店です。

6月27日(土)「人生最高のレストラン」では、矢作兼さんが登場しました。人生最高の一品を紹介します!

吉法師(きちほうし)

碑文谷にある「吉法師(きちほうし)」は、そばの美味しいお店です。北海道の音威子府(おといねっぷ)産のそば粉を使っています。

国産の鴨肉にこだわったお店は、タモリさんの行きつけ店でもあります。

天邪鬼そば(鴨せいろ)

「天邪鬼そば(鴨せいろ)」は、音威子府産のそば粉を茹でてから水でさらします。

そばつゆには、鴨肉(埼玉県幸手産)・ナス・ししとう・ゴボウ・しめじ・ネギ・ゆずが入っています。

タモリとの出会い

矢作さんは、目黒に住んでいたことがあります。『タモリ倶楽部』に出演したときには、「吉方師(きちほうし)」のことを聞かれました。

その撮影のあとにタモリさんと一緒に行くことになります。酒を飲むとつまみしか食べないタモリさんは、そばを食べませんでした。

タモリがお昼の顔になった理由?

タモリさんは、どちらかというとアングラ芸人でした。なぜ、お昼の顔になったのか?矢作さんは質問します。

タモリさんの答えは、マネージャーのお陰かな。タモリさんの謙虚な言葉に感動してしまいます。



(記事内画像出典:食べログ)

コメント