朝ドラ「わろてんか」第60回あらすじと視聴率19.8%!北村有起哉の「崇徳院」と切ない演技に軍配が上がった

f:id:dreams3359:20171209124509p:plain

キースたちは、ストライキを決行していた。「風鳥亭」では、京都からくる落語家が電車が止まって来られなくなっていた。

第60回は、月の井団真が「風鳥亭」の高座に初めて立つ。

ドラマ「わろてんか」第60回視聴率

 第10週「笑いの神様」第60回が12月9日土曜日に放送されました。気になる視聴率は、19.8%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第60回 あらすじ(12/9放送)

あんたの団真の落語、見せてやり。

京都からくる落語が電車が止まって来ることができない。藤吉は、金策に走っている。寺ギンは、団吾師匠のことで起こっている。このままでは高座に穴を開けてしまう。

 

万丈目はんもスト中やし、どないしまひょ。

 

てんは、月の井団真を高座にあげようとした。藤吉との約束を思い出したが・・・

 

俺が高座に?急に言われても。

 

 

あんたの団真の落語、見せてやり。

 

亀井は、月の井団真のことを思い出した。

 

大丈夫や。先代の団吾師匠の団真いうたら、若いが情の細かいええ話を出来るやつやった。ようやっと思い出したわ。

 

 

席主に代わってお願い致します。

 

月の井団真ここにあり

 

万丈目たちは、「風鳥亭」の様子が気になっていた。団真は、久しぶりの高座に緊張している。

 

まかしとき。

 

月の井団真は、高座に立った。十八番の「崇徳院(すとくいん)」を話し出す。

 

実はな、恋煩いになりよった。

 

順調に笑いを取っていたが、客席のひとりがニセ団吾と気が付いてしまった。

 

あんときのニセ団吾や。

 

ざわつく客席に団真は、これ以上出来なくなってしまった。

 

すんまへん、これ以上できまへん。

 

本当は、順調に噺家の道を歩くはずだった。団真は、悔しくてたまらなかった。

お夕の想いは団真を苦しめた

 

お夕は、団真を励まそうと一生懸命になる。

 

よかったで。元気だして。

 

月の井団真は、自分がとっくにダメになっていることを知っていた。

 

お前がすごいだの頑張れだの、ずっと言い続けてきたさかい。

 

団真は、お夕に初めて手をあげてしまう。団吾のところに行けと言ってしまう。

 

はじめて手を。

 

高座に口をだすな

 藤吉は、番組を勝手に変えたことを聞きつける。

 

何で俺の許しもなく、こんなことを。もう二度と高座のことに口を出すな。

 

 

分かりました。

 

団真は、家に戻って酒を飲む。お夕は、家の中に入ることが出来なかった。

てんは、稲荷神社から見える通天閣を見つめていた。藤吉も家に戻ることが出来なかった。

「瀬をはやみ、岩にせかるう滝川の、われても末にあはむとぞ思ふ」

朝ドラ「わろてんか」第60回感想

月の井団真の切ない思い、見事に演じている北村有起哉さんがすごい。 表情のひとつひとつに影や光が入り混じっている。

朝ドラは、これからが面白いと思わせる回でした。

逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です