朝ドラ「わろてんか」第89回あらすじと視聴率20.1%!しず・鈴木保奈美の指切りが視聴者に涙

f:id:dreams3359:20180120132530p:plain

月ノ井団子がラジオに出ると言い出す。それは新聞に大きくのってしまった。風太は、慌てて団子師匠を探すが見つからない。
第89回は、藤吉は新しい時代の波に不安になっていた。何とか団子師匠のラヂオ出演を止めなければ・・・。

 ドラマ「わろてんか」第89回視聴率

  第16週「笑いの新時代」第89回が1月18日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.1%でした!

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 ドラマ「わろてんか」第89回 あらすじ(1/18放送)

人生は何があるか分からないから面白い

月ノ井団子が雲隠れした。どこを探しても見つからない。そこへ、しずが顔を出す。

 

みんなから大番頭と呼ばれてます。

 

しずは、おトキと風太を見て、何も変わらない事が嬉しかった。

 

長年連れ添った夫婦みたいえ。

 

リリコが藤吉のところにやって来る。リリコは、リンゴの皮をむいて藤吉に食べさせる。

 

何や人生って不思議なもんやな。リリコが剥いたりんご食べるって一辺も考えたことないわ。

 

てんの笑顔に救われた藤吉

 リリコは、てんには叶わないと思っていた。

 

あの笑顔に救われて、あんた命拾いしたんやと思うで。そやからウチも笑ろうて生きることにする。

 

藤吉は、リリコの笑った顔が一番べっぴんと言う。リリコは、その言葉が嬉しくて鏡の前で笑顔と練習をする。そこへ、てんとしずがやって来る。

 

映画の女優さんやろ。

 

リリコは、たくさんの笑顔をふるまった。

 

てん見習ろうて、笑うことにしたらしい。

 

てんと藤吉の大輪の花

 てんは「藤岡屋」を捨てて、藤吉と駆け落ちしていた。てんを一生笑わせる。その約束を藤吉なら叶えてくれる。だから、父・儀兵衛は駆け落ちしても放っておいたのだ。

 

好いた人とする苦労は、苦労のうちに入りまへん。

 

隼也のことでは、いろいろあった藤吉だった。それも親だからできる苦労だった。

 

親が子のことで悩むのは当たり前。その苦労こそが幸せです。これからも親子3人で、どんどん苦労して、どんどんわろうておくれやす。

 

てんは、しずが持ってきた花を飾った。

 

花と信じれば、どんな寒空でも花は咲く。

 

てんと藤吉の花は、まだまだ大きく咲く。その大輪の花を儀兵衛としずに見せて欲しい。それが母・しずの願いだった。

 

指きりや。

 

「北村笑店」は新しい時代に飲み込まれる

 藤吉は、歩く練習をする。でも、思うようにいかなかった。夜になって、月ノ井団子がやってくる。

 

死神がお迎えにやってきました。夜中やないと大番頭に摑まる。

 

団子師匠は、ラヂオに出ることを言いに来た。

 

うまいそばのためやったら、ワシはわざわざ遠い店まで食べに行くで。お客さんが店に来んのは、まずいもん出してるさかいや。

 

ラヂオで本当に面白い落語を聞かせる。山奥に住むじいさんも、病院にいる藤吉も笑わせる。

 

新しい時代の幕開けや。

 

「北村笑店」は、押し寄せるラジオという新時代の波に飲み込まようとしていた。

朝ドラ「わろてんか」第89回感想

 

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です