「半分、青い」第30回あらすじと視聴率!律(佐藤健)センター試験は間に合うのか

1990年元旦、鈴愛(永野芽郁)は晴れ着姿を律に見せにいった。おみくじの大吉を律に渡した。

第30回、律のセンター試験の前の日、鈴愛は京都の北野天満宮のお守りを渡した。

ドラマ「半分、青い」第30話 視聴率

第5週「東京に行きたい!」第30話が5月5日土曜日に放送されました。気になる視聴率は、分かり次第発表します。

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

ドラマ「半分、青い」第30話 あらすじ(5/5放送)

律、フランソワくれ!

律は、京大の受験が近づいていた。センター試験を明日に控えていた。

ぎふサンバランド、私の宝物。

ぎふサンバランドのクリアファイルを使っていた。学問の神様・北野天満宮のお守りを渡した。

ありがとスズメ、俺がんばるよ。

律この子くれ?律って名前にして東京で飼う。

京都で生活するための唯一の友だちを渡せないと言った。

ブッチャーは?

律は、ブッチャーの存在を忘れていた。

ぎふサンバランドのファイル取り違え

センター試験当日、律はほとんど寝ないで受験することになった。クリアファイルを取り違えたことに気がつく。

やってまった。

ぎふサンバランドのファイルからは、秋風羽織の写真とお気に入りのイラストが出てきた。

まだ6時余裕だよ。

律は、「つくし食堂」に向かった。ファイルは、テーブルの上に乗っていた。

おじさん大丈夫?おばさん、救急車。

仙吉は、倒れてしまう。

うーん貧血やね、点滴打っておきましょう。

寝不足で倒れてしまったのだ。

鈴愛は東京行きのバスの中

律は、センター試験があるため急いで戻る。ファイルはテーブルの上から消えてしまった。

スズメ入るよ。

鈴愛の姿はなかった。「つくし食堂」の電話が鳴った。

何でまだおるの間に合う律くん?鈴愛に用があったんよね。

鈴愛は、東京に行くためにバスに乗っていた。バスの中でファイルが入れ替わっていることに気がついた。

やってもった。

慌ててバスを止めてもらうが間に合うのだろうか?

5月7日から第6週「叫びたい!」がスタートする。4人は高校を卒業して、それぞれの道を歩き出す。

朝ドラ「半分、青い」第30回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です