【半分、青い】119回あらすじと視聴率!誰かと何かを始める幸せを感じる

仙吉は、眠るようにし静かに息を引き取っていた。楡木家では、お通夜が行われる。花野は仙吉のとなりで眠っていた。

第119回、忙しさは悲しみを忘れさせてくれる。新しく作る世界は家族を癒してくれた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」119回視聴率

第20週「始めたい!」第119話が8月17日(金)に放送されました。気になる視聴率は、21.6%でした!

朝ドラ「半分、青い」119回 あらすじ(8/17放送)

おーちゃん冷たかった

花野は、亡くなっている仙吉のとなりで眠ってしまった。

おーちゃん冷たかった。冷ってひやひやって。南極行った夢見て目が覚めた。

人が死んでしまう。そのことが花野には理解できていなかった。

仙吉さん、お祖父ちゃん。

健人が先に泣いてしまう。

本当にお疲れ様でした、お父ちゃん。

仙吉は、笑っているように見えた。楡木家の庭には、カエルが2匹泣いていた。

ママ、来てね。あっという間に来てね。ママ―きーて。

花野は、ママと二人でしか眠らなくなってしまう。仙吉のことが大好きだったため、しばらく様子が変だった。

誰かと何かを始める幸せ

人は生まれてきて死んで行く。それは、当たり前のことだった。

死ぬのは怖わない。おーちゃんは、カンちゃんが元気なくなったら悲しむと思う。

仙吉は、花野の心の中にいる。ずっと一緒にいる。

死んでも人の思いは残る。

和子は、律と一緒に晴のところに線香をあげに来る。

お祖父ちゃんも見てから行きたかったやろに。自分の五平餅の店。

和子は、楽しみにしたままで良かったと思った。

私も誰かと何か始めてみたい。おかしいか?もう先短い。

仙吉との約束

「つくし食堂」の2号店は、仙吉が亡くなった悲しみを忘れさせてくれた。

本当、眠るように行くっていうのはこういうことかって羨ましいくらいや。

仙吉は、嬉しそうに笑った顔でいた。

えっ、2号店の名前きいたの?

花野は、仙吉と約束していた。誰にも言ってはいけない。

カンちゃん、おーちゃんとココンタのヒミツ。

鈴愛は、律に聞き出して欲しいとお願いする。

俺がきくの?

律は、花野にお店の名前を聞いてみる。ご・へ、花野はそれだけを話した。

朝ドラ「半分、青い」119回感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です