【半分、青い】137回あらすじと視聴率!ロボットを見て忘れかけた想いが蘇る

南村は、「トンダ」のロボット開発部にいた。医療介助や災害現場にも役立つロボットを作るため独立していた。

第137回、律は周りの期待に答えようとして生きてきた。こらからは自分のために自由に生きていいんだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」137回視聴率

第23週「信じたい!」第137回が9月7日(金)に放送されました。気になる視聴率は、19.9%でした!

朝ドラ「半分、青い」137回あらすじ(9/7放送)

人の役に立つロボット開発

南村は、ロボット開発で使っていたセンサー技術を応用していた。

ここにないモノを手袋をつけると感じとる。

律(佐藤健)は、岐阜犬のことで津曲には会っていた。夜逃げした津曲(有田哲平)は、居心地がよくて戻ってきてしまった。

たしかに居心地よさそうですね、窓から風が入る。

津曲の妹・加藤恵子(小西真奈美)は、律も企業したらどうかと持ち掛ける。

鈴愛(永野芽郁)は、岐阜に戻った。

何やカンちゃん来んのか?何や。

健人は、五平餅を焼いて持ってきた。お店は繁盛していた。

律は外の風を感じて生きたい!

廃校を利用したシェアオフィス「何でも作るよオフィス」は、空いている部屋があった。

ここです。家賃は月額5万。3年間は、その金額で。企業支援です。

区が格安で提供してくれるのは、上手く行けば税金の収入も見込める。区のイメージアップにもなる。

カンちゃん、今頃カニ売っとる。

一度、カニを食べたら夢中になってしまった。おもちゃのカニでも嬉しかった。

あんたは何かやると思っとった。あんたは他の子とは違うと思っとった。マンガも頑張った。

鈴愛は、晴の元気な顔を見て安心した。

ノリでもらってきてしまった。

律は、何かを作れたら面白いと思っていた。

ちょっとわざとでした。律にあそこを見せたかった。

律は、高層ビルのハメ殺しの窓が嫌いだった。シェアオフィスの窓は、大きくて風が入る。

律は幸せの天才

律は、シェアオフィスに梟町を重ねた。

大勢なのに、各々じゃん。向いている方向が違う。別の会社、それがいい。

律も正人も団体行動が苦手だった。

律はやりたいようにすればいいと思うんだ。律も自由にしていいんだよ。

正人は、律は完璧さを求めているように見えた。いつも周りの期待に答えようとする。

昔、鈴愛が俺のこと幸せの天才って言ってたな。

律は何かが作れそうな気持になっていた。

律、焦らないで。迷っている時間を楽しんで。思っているほど人生は短くない。迷うことは人生の醍醐味だ。

鈴愛は、五平餅をお土産に持ってきた。律の部屋にある事業計画書を見つけてしまう。

お前には見られたくなかった。

朝ドラ「半分、青い」137回感想

見逃し動画配信サービス「半分、青い」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「半分、青い」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

動画配信サービス「U-NEXT」は、毎月1,200ポイント付与されます。(お試し期間中は、600円分のポイントがつきます)

U-NEXT

(記事内の画像出典:公式サイト

※紹介している情報は2018年9月8日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です