【半分、青い】125回あらすじと視聴率!律と和子の親子愛に涙が止まらない

「つくし食堂」には、怪しげな男がやってくる。津曲と名乗る男は、草太のカツ丼を食べにきた。

第125回、律は和子の前で泣くことができた。何もできない、もどかしさの中を生きるしかなかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」125回視聴率

第21週「生きたい!」第125回が8月24日(金)に放送されました。気になる視聴率は、23.1%でした!

朝ドラ「半分、青い」125回 あらすじ(8/24放送)

和子の発作

株式会社「ヒットエンドラン」の津曲雅彦(有田哲平)は、草太のカツ丼を食べに来ていた。

何か、うさん臭い感じで。

津曲は、「センキチカフェ」の五平餅のチケットを持っていた。

岐阜犬とおしゃべりしてるんです。

津曲は、岐阜犬に相談をする。別れた妻の話を始める。

仕事と別れた妻は、分けて考えた方がいい。君の血液型を教えて?

和子(原田知世)は、O型と言ってしまう。

ちょっと、すいません。

和子さん、どうしはった?

和子は、体調を崩してしまう。鈴愛は、急いで和子の家に向かった。それは、いつもの発作だった。

僕は和子さんの子どもで幸せだ。お母さん。

貴美香は、その時がいつ来てもおかしくないと思っていた。

律、迷惑かけちゃったね鈴愛ちゃんたちに。

和子は、イチゴが食べたいと言い出す。律(佐藤健)は、八百屋に向った。

じゃあ、2パックちょうだい。

律は、鈴愛のところに向った。「センキチカフェ」は、五平餅が売り切れてしまって誰もいなかった。

ワン、岐阜犬だワン。

律は、岐阜犬と話をする。

岐阜犬くん、僕は和子さんの子どもで幸せだ。あなたの息子で本当に本当によかった。大好きだ。面と向かって言えんでゴメン。

和子は、嬉しくて泣いてしまう。

今は、何をどうしてやったらいいのか分からんくて。何をどうしてやったらええんか分からん。ふがいない息子で申し訳ない。弱虫の息子でゴメン。

もう遅いよ、帰っておいで。ワン。律、私あの時、律がカンちゃんと一緒に歌ってくれた子守歌。すごく嬉しかったよ。

そんなの、いつでも歌ってやるよ。歌ってやっからさ、お母さん。

律の心は、消えそうなくらい悲しみで覆われていた。その8日後、満月の夜に和子は静かに息を引き取った。

朝ドラ「半分、青い」125回感想

(記事内の画像出典:公式サイトより

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です