【半分、青い】98回あらすじと視聴率!涼次の才能を横取りする闇が待っていた

鈴愛は、これからは人のために生きようと決めていた。涼次の監督になる夢を応援する。

第97回、涼次は2年がかりで脚本を書いた。やっと監督としてデビューできるかも知れない。チャンスの神様はすぐそこにいた。

朝ドラ「半分、青い」98回視聴率

第17週「支えたい!」第98話が7月24日(火)に放送されました。気になる視聴率は、20.2%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」98回 あらすじ(7/24放送)

監督デビューするんだ!

佐野弓子が書いた「名前のない鳥」をシナリオにする。もう出来ている本なら最後まで書ける。

監督デビューするんだ。監督になる。

祥平や鈴愛に見てもらって、2年の月日をかけてシナリオが完成した。

鈴愛ちゃん、原稿できました。

涼次は、祥平に先に見せたいと思ってしまう。

私、2番目とった。

鈴愛は、涼次をデビューさせるために支えた。お風呂はペットボトルを入れてカサ増しして、肉は鶏肉だけを食べた。

私は涼ちゃんの成功を勝利を信じてたからです。

喫茶「おもかげ」のマスターは、コーヒーをおごってくれた。

仕事がなくなった祥平

2002年初夏、日本はワールドカップに沸いていた。おしゃれ木田原は、ここぞとばかりに青いTシャツを作って売った。

日韓ワールドカップの経済効果は、3兆3000億円と言われていました。ハーフタイムでみんながトイレに行くため水が出にくくなりました。

すげえな、すげえよコレ。いけるよコレ、これなら原作とれるんじゃん。

原作の雰囲気を損なわずに映画の脚本になっていた。これなら佐野弓子も反対はしないだろう。祥平は花丸を書いた。

祥平は、2年前に出した「追憶のカタツムリ2」は失敗に終わってしまった。赤字になっていた。

たったの760円、あると便利ですよ。ここ大きくて真っ赤な字で入れてくれないと。

祥平は、テレビ通販のお玉の映像をとる仕事をしていた。映画の仕事は、まったくなくなってしまった。

涼次の才能への嫉妬とチャンス

涼次は、鈴愛に脚本を見せた。「名前のない鳥」は、物語をふくらませるのが上手かった。

そのヒロイン鈴愛ちゃんに似てるでしょ。はねっかえりなとことか早口なとことか。

鈴愛がモデルになってしまった。そのことが鈴愛は、嬉しかった。

涼ちゃん、これ面白い。きっと上手くいく。

佐野弓子は、「クールフラット」に来ることになった。祥平がとったコートダジュールのトロフィーが見たかった。

あっ見ーつけた。

「名前のない鳥」の脚本を見せる。新進気鋭の若手、森山涼次が書いた本。

あの彼は、私の助監督をやっておりまして。大変優秀で、熱い男です。

佐野弓子は、ドラマや映画にしないことで有名だった。でも、祥平のすすめで読んでくれた。

あれ、いいかも。ちょっと時間くれる。今読んじゃう。来るときカフェあったよね。そこで読んでくる。

佐野弓子は、脚本を気に入ってくれた。

ねぇこれすごい、面白い。私やる、これやる。映画にする、して欲しい。この本すごい、気に入った。

佐野弓子は、森山涼次を才能があると言った。祥平は、自分が監督になりたいと言い出す。

あの俺がそれ撮っちゃだめでしょうか?「名前のない鳥」、俺が監督しちゃダメですか?

朝ドラ「半分、青い」98回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です