【ハゲタカ】8話ネタバレ!まともな未来を残すために戦い続けるハゲタカ

鷲津政彦(綾野剛)は、「帝都重工」の社長に就任することが決まった。松平貴子(沢尻エリカ)は、アジア重工連会議の話をするために鷲津に会いに来ていた。

最終回、「さらば! 天才買収者!! 9万人の命を救え…!」が放送されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ハゲタカ」第8話視聴率

ドラマ「ハゲタカ」の第8話が放送されました。気になる視聴率は、11.1%でした!

自分はこの国にとって、どのような存在だったか。その答えは今ではなく、未来にある。(鷲津政彦)

「ハゲタカ」第8話ネタバレ

「帝都重工」に革命をもたらす

「日光みやびホテル」は、独立をするために飯島の力を借りていた。実現するためには、アジア重工連会議を成功させなければいけない。

鷲津さんと一度、お仕事をご一緒したくて。

鷲津は、「帝都重工」を救うつもりで社長になった。芝野健夫(渡部篤郎)は、再生担当実行役員として守ることを決意していた。

私は、今日から30日以内に「帝都重工」に革命をもたらします。

「日本ルネッサンス機構」は、アメリカの投資家から支援を集めていた。それは、「帝都重工」へと流れていた。

ああいう奴の鼻っ柱は、早いとこ折っとこらんとな。

芝野は、不正会計に関わった執行役員と面談を始めた。

健全化なんて無理だと思います。データ改ざんにしろ、不正会計にしろ、実際は歴代の社長たちのトップダウンですから。

鷲津は、関連会社や子会社に出向いていた。「スペース・フロンティア・ジャパン」では、子会社になってからの取引記録を見ていた。

鷲津は飯島の策略にのってしまうのか?

「日本ルネッサンス機構」は、他のホテルにも支援を持ち掛けていた。貴子は、「サムライ・ファンド」に調査の依頼をした。

おいしい話に飛びついて、ただ利用されるだけではホテルを守ることはできないと。

鷲津だったら、きっとそう言うと貴子は思った。

芝野は、昔の銀行員のころのような顔つきになっていた。やりたくもない仕事をしている。

ねぇ、孫にはカッコイイお祖父ちゃんの顔見せてあげてよ。

飯島が鷲津を担ぎ出した理由は、「日本ルネッサンス機構」の後継者にさせるためだった。

あんたを手に入れたかったからや。あんたワシの後継者になれ。

日本中のカネが鷲津の元に集まってくる。その話に鷲津は、魅力的だと答えた。

何か心境の変化でも?私に余計なことをさせたくないのは、芝野さんも同様はずです。それにもう終わった仕事です。

鷲津は、アジア重工連会議に欠席することになっていた。

現場の声を殺す、モノ作り大国の現実

アジア重工業連合会議が始まった。鷲津は、データ改ざんの情報をプロジェクターを使って映し出す。

先日、明らかになった「帝都重工」データ改ざん事件は、氷山の一角だ。他の製品についても、日常的に改ざんは行われ今も続いている。

その製品が世界に出荷されていることを伝える。「帝都重工」の役員によって決定され行われてきていた。

部外者はいれるな、とのことですが。こちらは御社の社長です。

「帝都重工」の真壁は、製品の良さよりも株価を重視していた。

現場で働くモノたちの声を殺した。これがモノ作り大国の現実だ。

芝野は、全てが真実だと認める。「帝都重工」の役員から聞き取り調査をしている。その証拠は掴んでいた。

「帝都重工」の不信についての多くの証言、物証を提供することが可能です。

この国を腐らせてきたのはダレだ。組織のトップは、責任を負わずに逃げることは許されなかった。

彼と出会ったときに私は、保身に走る銀行にいました。それから20年以上がたち、大企業は何も変わってなかった。

まともな未来を残すために戦い続けるハゲタカ

日本企業に大打撃があったとしても、次の世代のために。それが今を生きている大人の責任だった。

私も孫にまともな未来を残してやりたくてな。

真壁は、この国をメチャクチャにした戦犯だと言い切った。

真壁会長、日本はこの先いつまで腐り続けるんだ。そんな世の中に、若者が希望を抱くことなどできるはずがない。

誰に何と言われようとも日本を叩き潰す。鷲津は誓った。別室で待ち構えていた報道陣が入ってきた。

「帝都重工」は、株価が急落してしまう。2日連続でストップ安になる。「サムライ・ファンド」は、株を買い占める。

こちらの「サムライ・ファンド」と手を組み、日本初のTOBを行います。

「ウォードキャピタル」のアラン・フジタは、「帝都重工」を買収することになった。

「クラウンセンチュリーホテル」の加瀬は、「日光みやびホテル」の独立を勧めていた。それは、他の会社に売るつもりでいたからだった。

ご存知だと思いますが、それは特別背任だ。処分は免れませんよ。

風通しが良くなれば未来も変る

飯島は、「帝都重工」のことでアメリカの機関投資家に損害賠償をされてしまう。「日本ルネッサンス機構」の役員を解任されてしまう。

金の力がモノをいう世の中なら、これは金の切れ目がもたらした当然の結末です。

鷲津は、腐ったものを壊して膿を出し切った。それだけで充分だった。

風通しがよくなれば未来も変る。私とあなたがいなくなっても、この国は生きて行く。

「サムライ・ファンド」は、アランと協力して「帝都重工」の筆頭株主になる。新社長には、芝野を指名した。

鷲津は、「スペース・フロンティア・ジャパン」の独立資金を出すことにする。

私は、夢に投資はしないがビジネスなら話は別だ。出資額は3億円。君たちの覚悟を見せてもらう。

アランは、アメリカの民間宇宙開発企業に投資していた。芝野は、業務提携しようとしていた。

明日、会えませんか?また、イヌワシを見たあの場所で。

「日光みやびホテル」は、独立することが出来た。それは、鷲津の力があったからこそだった。鷲津は、海外に向かった。

この国でやるべきことは、もう済ませたので。

ドラマ「ハゲタカ」8話感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です