【獣になれない私たち】2話あらすじと視聴率!どこか似ている晶と京谷の出会いに涙

秋ドラマ「獣になれない私たち」は、10月17日(水)第2話が夜10時から日本テレビからスタート!

第2話、「反撃開始!!仕事も恋も、私変わりたい」が放送されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「獣になれない私たち」2話の視聴率

日本テレビ「獣になれない私たち」の第2話が放送されました。気になる視聴率は、8.5%でした!

IT企業の営業アシスタントの新海晶(新垣結衣)、税理士の根元恒星(松田龍平)、晶の恋人・花井京谷(田中圭)

「獣になれない私たち」2話のあらすじ

晶の反撃

新海晶は、会社に業務内容の改善を要求した。営業アシスタントとしての正当な理由だった。

金髪に染めて、タバコふかして打ち合わせのテーブルにブーツのせて居眠りしてもいいんですか?

九十九剣児は、何も言い返せない。

大赤字を隠して税務申告書に印鑑押す税理士なんて、日本中どこ探したっていませんから。

中小企業のオーナー勝俣は、粉飾決済のための手助けを頼みにきた。

このブーツ、これも分かりませんか?

根元恒星は、ブーツを見ても呉羽と同じモノと分からなかった。

服から入る意味が分からない。

明日から九十九が出張に出る。その3日間は、晶も有休を使うことが出来た。

晶の悲痛な叫び、他の人を好きになりたい

花井京谷は、商業施設開発部の社員をしている。晶は、前に派遣で働いていた。そのパーティーに参加することになった。

新海さん、今日からこっち異動してきたからよろしくね。

晶と京谷は、仕事もプライベートも相談しあう仲になって行く。

ここでは、たくさんのこと勉強させて頂きました。次は、ECサイトの会社で正社員として働くことになりました。

晶の送別会の日、京谷はお茶に誘う。お店が閉店になるまでおしゃべりをした。

京谷は、晶にキスをする。雨の中、手を握って走り出した。

ホレにくくて、歴史があって、同棲までしてるんだから、この先安泰ですね。何で結婚しないんですか?

同居人のせいで電気代がかかってしまう。京谷は、後輩にうっかり喋ってしまう。それは、晶のことではなかった。

ごめん、ブーツ買ったんだ。カッコイイって言ってたやつ。

何のごめん?

俺をかばって、みんなの前でウソつかせたこと。ずっと待たせてること、ごめん。

他の人、好きになりたい。

呉羽は直感と感情で生きる野生人!

京谷は、朱里を家から追い出そうとする。

今月中に出て行って欲しい、引っ越し代は出す。向こう1カ月の家賃も出す。

お互いのために別れようと決めてから4年の月日がたっていた。

不正をしなければ残せない会社なんて潰した方がいい。

勝俣は、粉飾でごまかそうとしていた。来年に黒字にできる見込みはない。京谷は、突き放すしかなかった。

あいつ野生人、直感と感情で動く生き物。

京谷は、呉羽のことをそう思っていた。晶と恒星は、教会の鐘の音を聞きに行くことになってしまう。

新海晶を営業部の特別チーフクリエイターに任命する。

九十九は、業務改善よりも立場を作ることにした。

先日はああ言いましたが、破産以外の道はあります。民事再生の特定スキームを使う。私的整理をする。

恒星は、勝俣に企業再生に強い弁護士を紹介した。

ドラマ「獣になれない私たち」を見逃した方はこちらから⇨Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

Hulaでは、ドラマや映画がどこでも視聴できます!

ドラマ「獣になれない私たち」2話感想

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です