【SUITS/スーツ】2話あらすじと視聴率!セクハラ病院長と本気になったニセ弁護士

秋ドラマ「SUITS/スーツ」第2話は、10月15日(月)夜9時から放送スタート!

アメリカ合衆国のUSAネットワークの連続ドラマが原作になっています。エリート弁護士と天才フリーターが法律事務所を舞台に戦う。

第2話、「超、セクハラ男!弱き女性達を救え!」が放送されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「SUITS/スーツ」2話の視聴率

テレビ朝日ドラマ「SUITS/スーツ」の第2話が放送されました。気になる視聴率は、11.1%でした!

エリート弁護士・甲斐正午(織田裕二)、天才フリーター・鈴木大貴(中島裕翔)見逃した方はこちらから⇨FODプレミアム

「SUITS/スーツ」2話のあらすじ

大学病院長が看護師にセクハラ

「幸村・上杉法律事務所」では、無料相談会が開かれていた。大貴は、病院でセクハラを受けた看護師・河瀬今日子(関めぐみ)の対応をしていた。

セクハラした医院長です。

甲斐は、東都医科大学病院の病院長・海部政継に会いに行く。弁護士は、示談にしようとしていた。

SNSで拡散させた奴がいる。

セクハラ被害は、インターネット上にのってしまう。海部は、名誉棄損で訴えると言い出す。

看護師時代に息子さんが熱を出したことがあって、その時かゼ薬を貰ってかえったと。

海部がセクハラをしていたことは有名だった。でも、物証を呈示して認められなければ勝てない。

物証以上の証言が。宝田さんは、2年前に海部の子どもを中絶しています。

海部に会う。インターネットに出てしまった以上、示談はない。甲斐は、セクハラは虚偽だったと訂正記事を出すと言い出す。

医師協会の会長選挙が近い、海部の気持ちが動いた。

本気になったニセ弁護士

大貴は、英國屋にスーツを作りに行く。正午の名刺を渡すと店員が態度を変えた。オーダーメイドのスーツは、大貴を立派に見せた。

いろは銀行の谷川は、銀行のカネを愛人に貢いでいた。フロリダに別荘を買っている事実もあった。

ばーちゃん、どうこの施設。気に入ってくれた?

遊星の妹・谷元砂里(今田美咲)は、大貴の代わりに祖父を施設に送り届けてくれた。お礼に服をねだる。

大貴が家に戻るとドアノブが壊されていた。遊星が忍び込んで金を探していた。大貴は、会社まで現金を持って行くことにする。

俺が関わった以上、負けは許さない。もし、負けたら君はクビだ。

宝田は、証言はできないと言ってきた。今日子のところには、病院からの訴状が届く。大貴は弁護士バッジを外す。

経歴詐称しているからでもミスをしたからでもない。本気じゃないからだ。

正午は、看護師の弁護は最後までするように告げる。大貴は、遊星に金を返すことにした。

裁判の証人になったところで勝ち目はありませんよ。それより、ご主人の工場行き詰まってるんでしょう?

宝田に渡した音声データが残っていた。宝田は裁判で争う覚悟を決めていた。病院側は、示談に応じることにする。

今日子は、示談金390万円と再就職の妨害はしない念書を手に入れた。

ドラマ「SUITS/スーツ」2話感想

#SUITS #スーツ SUITS/スーツ2話目みたけど、アメリカ版からダークさ、スカッと爽快感、愛嬌、クールさを取り除いて、代わりによくわからない真面目っぽさと暗ーい雰囲気をプラスしたって印象。

控えめに言って脚本にもかなり問題がある気がするけど、とりあえず3話までは頑張って見てみる

FODプレミアム

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です