【まんぷく】30回あらすじと視聴率!真一が戻る桜の絵はそのままでいてくれた

忠彦(要潤)は、キャンパスに向かっていた。もう一度、絵を描いてみたい。画家として生きていたい。

第30回、真一が戦争から戻って来た。咲との思い出、桜の絵は変わらずにいてくれた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」30回視聴率

第5週「信じるんです!」第30回が11月3日土曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」30回あらすじ(11/3)

怪しげな軍の倉庫

ハンコ屋は、同業者が増えてしまった。注文も減っている。そんな時、忠彦が絵を描くことを決めていた。

今までのような絵は、もう無理や。今までと違う絵が描けるかもしれへん。

忠彦は、やっぱり描いていたいと克子(松下奈緒)にお願いする。

僕たちは、この家を出ようと思います。

福子(安藤サクラ)と萬平(長谷川博己)は、家を出ることに決めた。萬平は、世良(桐谷健太)とラーメンを食べる。

実は、ある場所に軍の倉庫が残っててな。僕の知り合いの不動産屋が誰かに貸したいと言うてるんや。

軍の倉庫には、何があるかは分からない。それを見ることも出来ない。萬平は、そこの行くことにする。

泉大津?空襲も受けなかったことやったから、畑もたくさん残ってて、食べ物に困らないとこやって。

戦争で地獄を見た二人

真一(大谷亮平)が戦争から戻ってきた。やっと家族がみんな帰って来た。

そうか、みんなでハンコ作ってるんか?そうか、そうか。

忠彦は、真一に桜の絵を返した。咲との思い出を前に真一は泣いてしまう。

あなたも見てきたんですね、地獄を。

真一は、みんなの顔を見ないで帰ってしまう。戦争の痛ましさを真一の靴を見て感じた。

いろいろと辛いことがあったんだろうな、真一さん。

萬平は、泉大津に行くことを話す。二人分の家計費がなくなれば楽になる。

私も出ます。克子だけになれば、忠彦さんの家も助けてくれます。

鈴と茂(瀬戸康史)も家を出ると言い出す。忠彦は、止める権利はないと送り出すことを決めた。

みんなで助け合って終戦直後の辛い時期を乗り越えた。これからは、それぞれの道を進むことになった。

11月5日(月)からは、第6週「お塩を作るんですか⁉」がスタートします!泉大津の家には、近くに海がある。その海水から塩を作ろうとする!

朝ドラ「まんぷく」30回感想

見逃し動画配信サービス「まんぷく」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「まんぷく」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

動画配信サービス「U-NEXT」は、毎月1,200ポイント付与されます。(お試し期間中は、600円分のポイントがつきます)

U-NEXT

※紹介している情報は2018年11月5日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です