【まんぷく】5話あらすじと視聴率!長谷川博己ヒロイン説が浮上した

福子(安藤サクラ)は、長姉・咲(内田有紀)の結婚式で幻灯機を使った。小さい頃から大人になるまでの写真は、みんなの涙を誘った。

第5話、咲の結婚から3年が立った。大阪東洋ホテルで福子は萬平に再会する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」第5視聴率

第1週「結婚はまだまだ先」第4話が10月5日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.7%でした。

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」第5話 あらすじ(10/5)

福子と萬平の再会

昭和16年(1941)秋、咲と真一は二人で穏やかに暮らしていた。福子の次姉・克子(松下奈緒)には、4人目の子どもが生まれていた。

今井さん、今日は残業やて?これあげるわ、お母さんに食べさせてあげて。

料理人の野呂幸吉(藤山扇次郎)は、スープの缶詰をくれた。

大阪東洋ホテルでは、「大阪商工會 定例會」が行われる。そこには、立花萬平(長谷川博己)の姿もあった。

大阪実業界の親分や。

三田村亮蔵(橋爪功)は、大阪商工会の会長をしていた。

我々、実業界の人間は自分の儲けばかり考えてはいけません。お国のために頑張らなければなりません。

加地谷圭介(片岡愛之助)は、名刺を持って挨拶に行く。商品の売り込みをしようとするが、そこへ世良勝夫(桐谷健太)がやってくる。

世良勝夫や、個人で商社やってる男や。

萬平は、福子の姿を見つける。

結婚はされていますか?萬平がプロポーズ

萬平は、福子に近づこうとする。側にいた人とぶつかって飲み物をかけられてしまう。

お召し物が、こちらにどうぞ。ズボンをお脱ぎになって下さい。

福子は、ズボンにアイロンをかける。

今井さんですよね、福子さん。覚えてませんか?3年前、お姉さんの結婚式のときに。幻灯機で写真を。

福子は、やっと萬平のことを思い出す。

ご立派になられましたね。あの頃と雰囲気が全然違うから、立花さん。

萬平は、野菜を細かく切る根菜機を作っていた。

また、お会いできてよかったです。あの、福子さんはご結婚は?結婚はされてるんですか?

まだです。

萬平は嬉しそうに笑った。福子も幸せそうに笑う。

萬平は福子のことで頭がいっぱい

萬平のところに世良が近づいてきた。

実は、僕は前から知ってるんやで君のこと。2年前まで僕も技術屋だったんや。幻灯機を作ってた。

世良は、萬平の作る幻灯機を見て技術屋をやめていた。作ることより売る方を選んでいた。

お陰様で仕事は順調や、君のお陰やで。

咲は、体調を崩していた。

咲姉ちゃんが?

萬平は、帰りの車の中でも福子のことを考えていた。

朝ドラ「まんぷく」5話感想

(記事内の画像出典:公式ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です