【半分、青い】128回あらすじと視聴率!和子との思い出がある岐阜犬を未来へ

株式会社「ヒットエンドラン」の津曲(有田哲平)は、イベント会社に企画を持ち込む仕事をしていた。

第127回、和子(原田知世)との最後の思い出は岐阜犬だった。鈴愛(永野芽郁)は、見ると悲しい気持ちになっていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」128回視聴率

第22週「何とかしたい!」第128回が8月28日(火)に放送されました。気になる視聴率は、22.8%でした!

朝ドラ「半分、青い」128回 あらすじ(8/28放送)

岐阜犬を商品化する!

津曲は、「つくし食堂」のカツ丼を食べていた。カツ丼フェアのための視察だった。

その時、五平餅のタダ券頂きましてね。その時に、ここに来たんです。

岐阜犬を見て思いついたことがあった。

鈴愛さん、この岐阜犬を私に任せて頂けないでしょうか?

「トイギャラクシー」に企画を持ち込んで岐阜犬を商品化する。

ごめんなさい、岐阜犬はもうしゃべらない。

律(佐藤健)は、津曲に謝る。

ごめんなさい津曲さん、岐阜犬をやっていたのはウチの母だったんです。

岐阜犬は、胸に電話を仕込まれていた。インターネット回線を使って音声通話をする。パソコン側にはボイスチェンジャーを使って話す。

和子との思い出

津曲は、岐阜犬のアイデアと見た目が気に入っていた。

なんせね、このルックがいい。ぜひ、「トイギャラクシー」に持って行ってプレゼンしたい。

おーいカンちゃん、じいじとお風呂入るか?

花野は、浅田真央の絵を描いていた。岐阜犬は、津曲に任せることになっていた。

お母さんが岐阜犬を通して話したらええんやないかって。

子どもは、犬がしゃべってると思う。その姿は、楽しそうに描けた。

ほやけど私は、岐阜犬もう見たない。悲しなってまう。

岐阜犬は、和子を思い出させる。その悲しみに押しつぶされそうになってしまう。弥一は、和子の写真を飾れないでいた。

お父さん、レコード終わってる。ねぇ、たまには外で飲もうか?

母といられた幸せ

律は、弥一(谷原章介)を喫茶「ともしび」に誘う。仕事の海外赴任の話をする。

スタンフォードと菱松電機のロボット制御の共同研究の話があるらしくて。

律は、制御技術を専門としていた。正直な気持ちは嬉しかった。でも、アメリカに行ったら3年は帰ってはこれない。

家族のこともあるし、より子と翼のことが。翼には学校がある。

律は、大阪の本社に戻ることを決めていた。

やっぱり家族は一緒にいないと。翼まだ小さいし。

弥一は、律が岐阜に戻ってきたことを謝る。

何言ってんの?俺がいたかったんだよ、お母さんのそばに。最後は家族3人で過ごしたかった。

律は、この岐阜で和子を看取ることが出来た。それは幸せなことだった。

マグマ大使の笛が鳴った。窓の下には、小さな天使が笑っていた。

おはよう、カンちゃん。

朝ドラ「半分、青い」129回感想

(記事内の画像出典:公式サイトより

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です