【半分、青い】127回あらすじと視聴率!夢に挑戦することに意味がある

花野は、フィギアスケートの真似をしてジャンプする。浅田真央のように2回転半を飛んで見せた。

第127回、マンガ家になる夢を追い続けた鈴愛(永野芽郁)。花野が自分の夢を見つけた。応援しないワケがない!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」127回視聴率

第22週「何とかしたい!」第127回が8月27日(月)に放送されました。気になる視聴率は、21.4%でした!

朝ドラ「半分、青い」127回 あらすじ(8/27放送)

花野スケートで世界を目指す!

花野は、お金を使いたがらない。大地の買った肉まんのほとんどを花野が食べてしまう。

カンちゃん、カワイイでな。あの顔で見られると大ちゃん全部あげたなってしまうし。

鈴愛は、花野を叱ってしまう。

どうして人にたかる?あんたお小遣いはどうした?何に使った?

草太は、自分のときを思い出せと言い放つ。

真央ちゃんが滑るとカンちゃんにはこう見える。白鳥が湖を飛んでいるように。

花野は、スケートを始めてオリンピックを目指したいと言い出す。

夢に向かうモノしか夢を掴むことはできない

鈴愛は、和子(原田知世)に五平餅を供える。

今日はカツ重の気分だったな。

スケートを習うためには、名古屋まで行かなければならない。浅田真央・ミキティ・伊藤みどりまでも習っていた。

やっぱりちょっと現実的じゃないかな。

片道は、2時間半もかかってしまう。東京だと神宮外苑のスケートリンクが有名だった。

どうしよう。

鈴愛は、花野の夢を叶えるために考える。律は、まだ諦めてないのかと不思議に思った。

カンちゃんはメダルと取る。青メダルだ。

オリンピックのメダルには、金・銀・銅の色しかない。でも、花野の好きな色ではなかった。

青メダルいいな、メダルを取ろうとした人しかメダルはとれない。

オリンピックに出ようとした人しか出ることはできない。メダルも空から降ってはこない。

花野の夢を叶えたい!

鈴愛は、青メダルを手作りした。

ありがとう。

菜生とブッチャーの子どもは習い事をしていない。律の子どもは、サッカーをしている。

不思議やなー、こうして子どもの話するようになったんやな。

花野は、わがままを言わない子どもだった。離婚したときも鈴愛を慰めてくれた。

今日はダメかも知れないけど、明日か明後日には帰ってくる。

涼次が家に戻ってこない日、そう言って慰めてくれた。

あの子の言うことは聞いてやりたい。それにあの子は飛んだんや、2回転半。あの子は本当に金メダルを取るかもしれん。

鈴愛は、いつでも本気だった。

飛んで見るか?2回は無理や。

律は、1回転半は回った。そこへ、株式会社「ヒットエンドラン」の津曲がやってくる。

朝ドラ「半分、青い」127回感想

(記事内の画像出典:公式サイトより

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です