【半分、青い】97回あらすじと視聴率!物語が終わるのが寂しい涼次の気持ち

鈴愛は、喫茶「おもかげ」で菱本に会っていた。自分の空を見つけなさい、菱本は優しくそう言った。

第97回、誰かが夢を見る姿は美しい。鈴愛は夢を追う涼次を応援したい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」97回視聴率

第17週「支えたい!」第97話が7月23日(月)に放送されました。気になる視聴率は、20.2%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」97回 あらすじ(7/23放送)

新しいモノを生み出す鈴愛の才能

光江は、100円ショップ「大納言」のフランチャイズを止めると言い出す。

あんたがあの店の社長や。

鈴愛とふたりで新しいお店を作りたい。その話を麦とめありが聞いていた。

今だって自転車操業なのに、フランチャイズ止めたら自転車すら漕げなくなる。

光江は、もう一度「3月うさぎ」をやりたい。自分のお店を持ちたいと思っていた。

こんなモノはゴミや、捨てたる。

麦とめありは帽子を捨てようとする。鈴愛は、ケンカしないように止める。

涼次は本を書けない!

祥平の映画「追憶のカタツムリ2」は、DVD化が決まっていた。

最初に入ったDVDの印税でお前に金を返す。本当によくやってくれてるよ、助かってる。

涼次も監督として、ひとり立ちできるように応援している。

涼次お前本書いてんの?売り込みようの映画の脚本?

自分の気持ちを隠すようにパエリアを作った。

光江は、結婚して大阪にいたことがあった。大阪弁を話すのは、そのせいだった。

バツイチやカッコええやろ。未婚よりはマシや。

麦は結婚したことがなかった。めありは結婚しているが実家にいた。

よくドラマとかにあるじゃない。旦那が迎えに来て、めありさん戻ってきて下さいって。でもこない、旦那こない。

めありは結婚して世田谷に住んでいた。ケンカして別居中だった。そして2年が立っていた。

物語が終わるのが寂しい

涼次は、祥平に本が途中までしか書けないことを話した。

いつも途中で飽きちゃうんじゃないの?

自分の作る物語が終わるのが寂しい。物語の途中にいたい。そう思うと書けないでいた。

その世界が終ると思うと、この辺がキューっとなって続きが書けなくなってしまうんです。

祥平は、愛が深いのかも知れないと言う。

原作を脚色するってのは?とりあえず脚本にして最後まで書くことを身につける。

映画監督や作家を目指しても最後まで書けない人はたくさんいた。

夢に夢見ていたって訳だ。スタート地点にも立っていない。

夢を見ている姿は美しい

鈴愛は、店長の話は受けられないと伝える。鈴愛は、マンガ家を止めてしまった。夢は一度は叶った。

私は夢が途絶えてしまったから分かるんですけど、誰かが何かに夢見ている姿って美しいです。だから応援したいんです。

鈴愛は、自分のためだけに生きてきた。これからは人のために生きたいと思っていた。

だから、店長っていうのは荷が重いって言うか。涼ちゃんのことを考える時間が減る。

涼次には、自分の飛べなかった空を飛んで欲しかった。

鈴愛ちゃん、ありがとう。鈴愛ちゃんの気持ちはよーく分かった。俺がんばって映画監督になるよ。

「名前のない鳥」は、佐野弓子の新刊だった。それを脚色することになった。

これをシナリオにする。そして監督デビューするんだ。監督になる。

朝ドラ「半分、青い」97回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です