【半分、青い】63回あらすじと視聴率21.2%!鈴愛の暴言がさく裂する

秋風は、鈴愛の律への思いをマンガに描けと言う。律のことを考えると胸が苦しくなる。その全てをマンガに注ぐ。

第63回、鈴愛は秋風の考え方とすれ違ってしまう。でも、マンガにかける想いは同じだった。

朝ドラ「半分、青い」63回 視聴率

第11週「デビューしたい!」第63話が6月13日(水)に放送されました。気になる視聴率は、21.2%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」63回 あらすじ(6/13放送)

体験から物語を書く強さ

鈴愛は、律への思いをマンガに残すことにした。

スズメちゃんは、すごいのかも知れない。

月が屋根に隠れる、初めて聞いたよね。あの子、感受性すごいのかも。すごいモノ書くかも。

秋風塾は、自分の体験から物語を作って行く。鈴愛にとって、こんなチャンスはない。

本当の天才は、まったくの想像で描くんじゃないかな。

裕子もボクテも刺激を受けて頑張ろうとしていた。

眠れない夜にはマグマ大使の笛を吹く

鈴愛は、マンガを描くがうまく行かない。

ダメ全然ダメ、構成がなってない。セリフに溺れるな。

視点の誘導ができてない。吹き出しの位置が違う。見開きが弱い。ベタがざつ。

秋風のダメ出しは、とどまることを知らなかった。アシスタントの仕事の合間に漫画を描く。

1991年には、人物の絵を描くほどに成長していた。鈴愛は、月のキレイな夜と眠れない夜は律を思い出していた。

ピー、ピー、ピー。

鈴愛は、マグマ大使の笛を鳴らした。

これ、捨てて欲しい。

裕子もボクテも捨てることができない。そこへ秋風がきて投げ捨ててしまう。

悲しいことを喜ぶ変態にはなりたくない!

「月が屋根に隠れる」は、1年も書き直しているうちに何が何だか分からなくなっていた。

このままでは、ボクテの「女光源氏によろしく」にも、小宮の「5分まって」にも負ける。

秋風は、律にフラれたばかりの時を思い出すように言う。

先生、それを私に思い出させるために今笛を捨てたんですか?先生はおかしいです。

鈴愛は、秋風をマンガを描くためのロボットと言ってしまう。

マンガを描くためにわざと悲しくなるようなことはしたくないし、悲しいことを喜ぶ変態にはなりたくない。

先生は、マンガを描くためなら何だってする。先生は、マンガを描くために人の心を捨てたんだ。

秋風は、結婚していない。家庭もなく友だちもいない。そこまで言ってしまう。

秋風は、鈴愛の笛を隠し持っていた。捨てたふりをしていた。

笛、ウサギの後ろに落ちてました。楡木が月やねを書き終えたら返すつもりでした。どうか。

裕子は、マグマ大使を鈴愛に渡した。1992年、月間ガーベラに裕子のマンガ「5分待って」が掲載された。

朝ドラ「半分、青い」63回感想


見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です