【半分、青い】136回あらすじと視聴率!晴がガンになる律の優しさが守ってくれる

晴(松雪泰子)は、ガンが見つかってしまう。鈴愛(永野芽郁)は、岐阜に戻ることにする。

第136回、晴が病気になることで不安でいっぱいになる。今度は、律が助ける番だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」136回視聴率

第23週「信じたい!」第136回が9月6日(木)に放送されました。気になる視聴率は、21.8%でした!

朝ドラ「半分、青い」136回あらすじ(9/6放送)

鈴愛は晴の病気と向き合えない

晴のガンは、初期の段階で手術で取り除くことができた。

まぁ、手術はちょっと怖いな。

鈴愛から電話が鳴った。晴は、心配させたくなかった。

お母ちゃん、律(佐藤健)に会った。

鈴愛は、草太からオペの仕方をファックスしてもらっていた。ガンの詳しい話はしていた。

マー君にも会った。

どっちか再婚してもらえんかね。そっか、なかなかか。

鈴愛は、関係ない話をして電話を切ってしまった。晴を気づかってのことかも知れない。

鈴愛は律の優しさを握りしめた

楡木家は、宇太郎と晴の二人きりになってしまった。

ほやけど、何かあるとこうやって帰ってきてくれのはええね。

宇太郎は、歌を唄い出す。

何、歌いやんす。いらん。

鈴愛は、もーあかん袋に叫んだ。

お母ちゃん、大丈夫か?心配や。神様たのんだぞー。

何でも叫べる袋、そんな袋がなぜ売れないのか不思議だった。

りつ、お帰り。

律からメールが届く。晴のことを心配してくれる。

(何でもできることがあったらやるから言えよ。もう寝てるかと思ってメールにした。)

鈴愛は、律の優しさを握りしめて眠った。

律はロボットにときめく

シェアオフィスでは、「オープンオフィスフェア」が開催された。

カンちゃん、カニ売ります。

鈴愛は、岐阜に行くことになる。花野は、律と正人がフェアに連れて行くことになった。

お待ちしてました。

律は、径子に案内してもらう。そこには、ロボットが置いてあった。

南村さんは、かつて大手の自動車メーカーの「トンダ」のロボット開発部にいらっしゃって、独立して3年前にここに。

律は、南村と知り合いだった。

朝ドラ「半分、青い」136回感想

見逃し動画配信サービス「半分、青い」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「半分、青い」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

動画配信サービス「U-NEXT」は、毎月1,200ポイント付与されます。(お試し期間中は、600円分のポイントがつきます)

U-NEXT

(記事内の画像出典:公式サイト

※紹介している情報は2018年9月8日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です