【半分、青い】75回あらすじと視聴率!マンガ家として致命的ストーリーが作れない

秋風は、鈴愛に見合いを勧めた。マンガ家を諦めることは出来ない。秋風は、占いの小さなイラストの仕事を渡す。

第75回、鈴愛は閃きの天才「いつか君に会える」でマンガ家の全てを賭ける。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」75回 視聴率

第12週「結婚したい!」第75話が6月27日(水)に放送されました。気になる視聴率は、20.9%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」75回 あらすじ(6/27放送)

「いつか君に会える」で勝負する

雑誌の後ろの方にある占い、その小さな絵を書く仕事がある。鈴愛は、引き受けることにする。

私これやります。引っ越し屋のバイトやめられる。

お見合いなんてしない。また、マンガを書けるように頑張ると決めた。

「いつか君に会える」、それをネームにしろ。俺が見てやる。久しぶりに秋風塾だ。

秋風は、これが最後のチャンスと思って挑むように話す。そして、見合い写真を預かった。

中は、見ないまま渡します。

どうしてもマンガ家でいたい!

裕子は、鈴愛のアイデアのすごさに驚かされる。

アイデアあるよね、問題は構成。

桃太郎で例える。川には、どんどんフルーツが流れてくる。でも、肝心の桃太郎はどこにもいない。

放っておくと起承転結も落ちもない、川じゅうが果物で終わってしまう。私はストーリーが作れない。

鈴愛は、好きな映画をストーリーにしてみる。エピソードの順番を理解するためだった。

私の弱いのはここだ、と思ってやっとった。

「一瞬に咲け」を連載しながら作っていた。時間がない、食べる時間をカロリースティックと牛乳でしのいでいた。

トイレに行くのがもったいなくて紙パンツで仕事した。そして気がつくと目の前に30歳がぶら下がっとる。

「いつか君に会える」が本当に最後のチャンスになってしまった。裕子にアシスタントをお願いする。

親の愛を前に文才も勝てない!

裕子は、母親とうまくいっていなかった。でも、子どもを産むことで関係がよくなっていた。

ウチの親が見てくれてる。子供産んだらさ、コロッと人が変わったみたいで。結構うまくやってる。

秋風は、鈴愛の仕事をとってきていた。自分も長編を書く約束と引き換えにした。

頑張らせますので。

秋風は、晴に手紙を書くがなかなか上手く書けない。

親の愛には、文才も勝てないってとこかな。

晴の手紙を読み、秋風は感じた。この人の娘を取り上げてしまった。それは、高校を出てからの10年という月日だった。

鈴愛さんが望んだことです。先生のマンガに憧れて、夢を持ち。自ら望んでここに来ました。

晴のためにも、今度のマンガは勝負するしかなかった。

律が結婚していた

鈴愛は、何をどう書いたらいいのか分からなくなっていた。

気持ち悪い。また食べてしまった。

甘いものを大量に食べて眠ってしまう。ペンをコーヒーにつけて、インクを飲んでしまう夢を見る。

くだらん。夢までくだらん。

晴は、「一瞬に咲け」を捨てようとしていた。またしても夢を見る。

秋風のところに律からのハガキが届く。それは、結婚しました報告だった。

朝ドラ「半分、青い」75回感想

律の結婚相手・より子(石橋静河)は、石橋凌と原田美枝子の子どもです。注目の2世女優が登場に物語は、どう展開して行くのだろうか?

鈴愛の書いたマンガ「神様のメモ」のようになるのか?それとも「いつか君に会える」になるのか?楽しみです。

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です