【まんぷく】16回あらすじと視聴率!大阪の経済を背負う人材を救え

萬平(長谷川博己)は、生きて福子に会うために食事をとるようになった。憲兵は、横流ししたのは萬平だと決めつけていた。

第16回、福子(安藤サクラ)は萬平を救おうとしていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「まんぷく」16回視聴率

第3週「そんなん絶対ウソ!」第16回が10月18日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、23.6%でした!

昭和13年(1938)の大阪が舞台、インスタントラーメンを生み出した日清食品の安藤百福と妻・仁子の半生をモデルにしています。

ドラマ「まんぷく」16回あらすじ(10/18)

大阪の経済を背負う人材

萬平が横流しした証拠は残っていない。事実をはっきりすることは、処罰よりも重要なことだった。

大阪東洋ホテルでは、「大阪商工會定例會」が開かれていた。福子(安藤サクラ)は、三田村会長に近づく。

我々、商売人は軍人さんとは違う。しっかり現実を見ないといかん。

世の中がどう転んでもいいように?

三田村様が会長になられてから大阪の景気がよくなった、三田村会長には足を向けて寝れない。そんな評判の良い話をする。

その次によく聞くのは、立花さんのことです。立花萬平は、いずれ大阪経済を背負って立つ逸材だと。

福子は、横流しで憲兵に捕まってしまったことを話し出す。

どうか、会長の力で立花さんを助けて頂けないでしょうか?お願いします。

そこへ、世良勝夫が入ってくる。

福子の味方

三田村は不思議に思った。何で君が私にそんなことを頼むのか?福子の演説は続いた。

それは、大阪のためです。立花さんは、将来大阪を担う人です。何が何でも助けてあげなければいけません。

分かった、分かった。何とかして見ようか。誰か交渉のうまい人間につき合ってもらおうか?

世良は、自分がやると言い出す。福子は、世良の態度が気に入らなかった。

不思議やな~、何で立花くんを弁護しようとせえへんのです。彼は大事な人材でしょ。

加地谷は、萬平を助けようともしなかった。

お母さん、僕たちは福ちゃんの味方です。真一さんも言ってました。福ちゃんが悪い人を好きになるはずないって。

鈴は、福子が牢屋に入っているような人を好きでいることが気に入らない。でも、家族や友人たちは福子の味方だった。

立花さんは、横流しなんて絶対にやっていないって。何で断言できるんや。何か理由があるんか?

稲村が無罪放免になって釈放される。稲村は、萬平の無実を信じていた。

お前は無実や、信じてるでワイは。あんたも絶対に出てこい。絶対に。

萬平は、月を見ながら福子に会えると信じた

朝ドラ「まんぷく」16回感想

(記事内の画像出典:公式サイトより

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です