【高嶺の花】1話あらすじと視聴率!ドラマ野島伸司の世界観いい女のあるべき姿

ドラマ「高嶺の花」は、日本テレビで7月11日(水)から放送スタートしました!

月島ももは、華道の名門「月島流」の令嬢だった。美しく才能のある女性は、結婚が決まっていたが裏切られてしまう。

第1話は、「天才華道家と町の自転車屋がまさかの運命の恋に落ちる!?」が放送されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「高嶺の花」第1話視聴率

ドラマ「高嶺の花」第1話、気になる視聴率は11.1%でした!主演を石原さとみが演じているドラマは、1話から二桁スタートした。

脚本・野島伸司が描く怒涛の展開が楽しみな作品です。

「高嶺の花」第1話あらすじ

ももと直人の出会い

月島もも(石原さとみ)は、吉池拓真(三浦貴大)と結婚が決まっていた。結婚式の日、二股をかけられた彼女を選び逃げられてしまう。

ももは、拓真のことを忘れられない。ストーカーまがいのことをしてしまう。悲しみから匂いの感覚を失ってしまう。

ねぇ直せる?直せない?

自転車屋の風間直人(峯田和伸)とは、ももの自転車を直すために出会うことになる。直人は、母親の介護をしていた。

自分で洗うのか?そりゃそうか。ねぇタオル。

ももは、直人を呼ぶ鈴の音を聞いてしまう。その鈴の音は、ももの悲しみを呼び起こした。

おはよう。

恋のリハビリをすすめる父親

ももには、母親の違う妹・なな(芳根京子)がいた。

おはよう、朝だよ。ねぇ起きて?朝ごはん何がいい?

美味しそうな朝食と新興流派の華道家・宇都宮龍一(千葉雄大)の話。ももには、まるで興味がなかった。

出戻ったからって期待しないで?

ももの父親である月島市松(小日向文世)は、結婚のことがあってから心配していた。

リハビリテーションだ。お前は事故にあったようなモノだ。大ケガをしたら病院で手当てを受ける。

市松は、ももに新しい恋をすすめた。誰でもいいから見つけるように言う。本当の恋じゃなければ捨ててしまえばいいと言う。

男を?テッシュみたいに?鼻かんでポイ?

深い悲しみの中にいる

宇都宮龍一は、イケメンたちを揃えて華道の新興流派「宇都宮龍彗会」を作っていた。

華道とは、心を磨いて技を鍛える。龍一のしていることは、見世物小屋のショーのようだった。市松とは考え方が違っていた。

私は、月島流をもっと大きくすることに尽力したい。

龍一の狙いは、月島流の乗っ取りにしか過ぎない。そのために娘が欲しいと言い出す。

ももは、ななと一緒に遊園地に行く。その後で食事をすることになった。時期の家元は、ななの方だった。

だから無理なのよ、私はお姉ちゃんみたいに。

図太くない?お座りワンワン。

ももは、結婚が破談になってから匂いが感じなくなっていた。だから、ななが後を継ぐしかなかった。

いっそ傷つけた人を憎めるなら

直人は、ひきこもりの中学生・堀江宗太を預かっていた。ももは痩せてカッコよくなれと言う

直人の母親が亡くなった。恋をしたことがない直人には、お見合いの話があった。バツイチで子どもがいる。

子どもが小さいうちに一緒に住むのってどうなの?関係ないオスと。

ももは、自分もバツイチだと話してしまう。利害関係のない人に話すと楽になる。

1日も一緒に暮らしてない。別の彼女、妊娠させちゃったみたい。何か私、おかしくなっちゃって。

ももは、拓真を嫌いになれない。憎めるなら、もっと楽になれるはずだった。

自分が傷つけられたとき、怒る人と悲しむ人がいます。怒る人は憎む人です。悲しむ人は愛の人です。

ももは、ちゃんと愛のあるいい女。心が解放されたような気分になった。

ももの心を開放してくれた愛の人

ももは、酔いつぶれて直人の家に泊まってしまう。直人は、朝ごはんを作ってくれた。

お見合い断られました。

味噌汁の匂いがした。納豆の香りもした。

もしかして、私にあると思ってる?ワンチャンス?

ももの心を開放してくれたのは、直人だった。

ななは、ステージの上で緊張してしまう。客席には、宇都宮龍一もいた。ももは、やっと華道の道に戻ることができた。

月島ももにございます。

凛とした美しさに華が生える。龍一が狙うのは、ももなのか?

ドラマ「高嶺の花」1話感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です