「半分、青い」第2回あらすじと視聴率20.8%!まさかの赤ちゃんナレーションが新しいと話題に

楡木晴(松雪泰子)は、分娩室で赤ちゃんと戦っていた。助産婦は、へその緒が2重に巻かれていると言い出す。

第2回は、晴の赤ちゃんがなかなか生まれない。分娩室からいつになったら鳴き声が聞こえるのだろうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ「半分、青い」第2話 視聴率

第1週「生まれたい」第2話が4月3日火曜日に放送されました。気になる視聴率は20.8%でした。

見逃した方はこちらから⇒日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

主人公の楡木鈴愛が赤ちゃん姿でナレーションスタート!楽しみな展開が待っていること間違いない!

ドラマ「半分、青い」第2話 あらすじ(4/3放送)

主人公の楡木鈴愛(永野芽都)は、小学校のことにおたふく風邪になり左の耳が聞こえない。半分聞こえないことを面白いと思っている。

幼なじみ萩尾律(佐藤健)は、同じ日に同じ病院で生まれていた。家庭での生活や考え方が対照的なふたりだった。

うーちゃん私お腹切るの?ビキニ着れんの?

楡木晴は、分娩室に15時間もいた。お腹の中で動き回ったため、へその緒が2重に巻かれているようだった。

帝王切開も視野に入れようかと思っているの。

お腹を切ったらビキニが着れない。晴は見た目を気にしていた。そんな時、病院に萩尾和子(原田知世)が入院してきた。

私は平気だから。

和子は、推理小説が好きなおっとりとしたタイプの女性だった。

楡木食堂では、宇太郎の両親が心配していた。

仙吉さん、祈ろうか?

仙吉と廉子は、病院に向かうことになった。

やっと生まれた赤ちゃんはサル?

和子は、お腹が痛くなってきていた。

あのー、すみません。困ったな。

晴も生まれそうだった。

つぎ陣痛きたら押します。そして出します。

仙吉と廉子が病院につくと、お腹を痛がっている和子を見つけた。

たしか今日が予定日、私いまここ開けますから。

病院の待合室では、赤ちゃんの泣き声が聞こえてきた。

あっ産まれた。

晴にも陣痛がきた。そして叫ぶような鳴き声が聞こえた。

えっ生まれた?

運命の出会い

晴のお腹からは、サルのような赤ちゃんが生まれた。

サルみたい。

助産婦は、赤ちゃんはみんなサルみたいだと励ます。宇太郎が入って来た。

ありがとう晴さん、ありがとう。

仙吉と廉子も嬉しそうに笑った。

私が始めたこの世は、明るくて光に満ちていて、そしていっぱいの笑顔と涙が私を出迎えました。サンキュー!

萩尾家の赤ちゃんは、とてもキレイな男の子でした。ふたりが最初に会ったのが、この瞬間でした。

 朝ドラ「半分、青い」第2回感想

見逃し動画配信サービス「半分、青い」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「半分、青い」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

動画配信サービス「U-NEXT」は、毎月1,200ポイント付与されます。(お試し期間中は、600円分のポイントがつきます)

U-NEXT

※紹介している情報は2018年4月4日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

(記事内の画像出典:公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です