【半分、青い】第47回あらすじと視聴率20.9%!菱本(井川遥)の過去に炎上する

秋風(豊川悦司)は、手紙を残して旅に行ってしまった。菱本(井川遥)は、ガンが再発したと思い泣いてしまう。

第47回、秋風として生きる意味とは何だろう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」第47回 視聴率

第8週「助けたい!」第47話が5月25日(金)に放送されました。気になる視聴率は、20.9%でした!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」第47回 あらすじ(5/25放送)

秋風として生きる意味

菱本が泣いている姿を見て、律(佐藤健)は優しく背中をさすった。そこへ鈴愛(永野芽郁)がきてしまう。

先生は、岐阜のふくろう町にいます。私の家に。

秋風は、「つくし食堂」にある少年マンガに目をとめた。

手塚治虫、ちばてつや、梶原一騎。王道を抑えています。これはいいことです。

秋風は、岐阜が自分の故郷のように思っていた。菱本は、死に支度をしていると思っていた。

秋風と菱本の関係は?

鈴愛たちは、ガンについて勉強しようと考えていた。かねてから不思議に思っていた秋風と菱本の関係を聞く。

菱本は、お茶の水女子大を卒業してから出版社に勤める。27歳のときに妻子のある人を好きになってしまう。

その男は、不倫が会社にバレてしまい菱本と別れを選んだ。その時に担当していたマンガ家・秋風羽織に救ってもらった。

えっ不倫?

岐阜から戻った秋風は、病気のことを菱本に話す。

黙っていてすまなかった。だが菱本くん、私にはプランがある。私の名作たちは、この世に残るだろう。ただそれだけでは足りない。

秋風は、自分自身を残したいと思い弟子をとった。

妻も持たず家庭も持たず仕事1本でやってきたが、私は私を作品以外で残したい。

病気をヒミツにしたらあかん!

鈴愛は、ガンの治療に漢方薬が効くのではないかと考えた。和子から律に連絡が入った。

秋風先生がガンだって聞いたから、漢方薬を送ろうと思って。

和子は、どこのガンが知りたいために連絡してきた。

何でベラベラしゃべるの?

律は、秋風の病気をみんなにしゃべった鈴愛に呆れている。

人に言いたくないことだって、知られたくないことだってあんだろ。ホントにお前の口は羽より軽いな。

鈴愛の羽よりも軽い口が誰かを傷つける。それを考えられない鈴愛が信じられなかった。

何で言ったらあかん?

鈴愛は、病気のことは皆で考える。やれることは何でもやる。そうしないと死んでしまうと思っていた。

なぜガンが再発したと分かったのか?

菱本は、領収書の整理をしていた。信濃町大学病院は、秋風のかかりつけの病院だった。

信濃町大学病院の領収書がないんです。

秋風は、お金のことではケチで領収書は必ずもらう人だった。

六本木駅裏歯科の領収書はもらってるんです。

美濃権太。

秋風の本名は、美濃権太。イメージがかけ離れ過ぎている。みんながそう思ってしまった。

もしかして、自分で思い込んでいるはずだけなんじゃないんですか?

病院に行ってもいないのに、なぜガンが再発したことが分かったのか?不思議です。

朝ドラ「半分、青い」第47回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です