【半分、青い】51話あらすじと視聴率21.1%!律・佐藤健が運命の再会をする

律(佐藤健)は、弓道で奇跡を起こした。四射の矢がすべて的にあたる皆中をした。

第51回、律は弓道をすることで初恋の人に再会する。マンガ家の描く想像には限界がある、リアルを拾うように秋風は言った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝ドラ「半分、青い」第51回 視聴率

第9週「会いたい!」第51話が5月30日(水)に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

朝ドラ「半分、青い」第51回 あらすじ(5/30放送)

律が運命の再会をする!

律は、道場で弓道をしていた。皆中をすると話かけてくる女子がいた。

おめでとう律くん、久しぶり。

伊藤清(古畑星夏)は、律の初恋の人だった。律は、清と待ち合わせする。

萩尾律くんだよね、旋律の律と書いて。律。

清さん、伊藤清さん。さんずいに青いと書いて清さん。キレイな名前です。

ふたりは、2限をさぼって喫茶「おもかげ」に行くことになった。

よかったらコーヒー飲みません?

リアルを拾え!想像は負ける!

鈴愛(永野芽郁)は、正人のことを考えていた。マンガの原稿に墨を落としてしまう。

すいません、これホワイトで行けます。修正行けます。

秋風(豊川悦司)は、ボクテに修正をさせる。鈴愛は、リフレッシュルームに呼ばれる。

スズメ、恋をしろ。

秋風が鈴愛をアシスタントにした理由を話し出す。裕子やボクテのマンガの知識は深い。それは、マンガばかり読んでいたから。

リアルを拾うんだ。想像は負ける、好きなやつがいたらガンガン会いに行け。仕事なんかいつでも出来る。ベタなんか、いつでも塗れる。

秋風は、空想の中で生きているやつは弱いと言う。

心動かされることから逃げるな。そこには、真実がある。楡木いいか、ハンパに生きるな。

創作物は、人が試される。その人がどれだけ痛みと向き合ったか?憎しみと向き合ったか?喜びを喜びとして受け止めたか?

忘れられない思い出

高校のとき、弓道をしている伊藤清の姿がカッコよかった。いつか会えるかも知れない、そう思って弓道を始めた。

長くしゃべると訛りが。

清は、中学校から岐阜の学校に通っていた。それまでは横浜に住んでいた。ふたりは、お互いのことを何も知らなかった。

でもあんなちょっと会っただけなのに、よく覚えててくれたね。

忘れられないよ、あんな風なこと。人生に何度もないよ、1度だけかも。

高校のとき、律がバトミントンの羽を木に引っかけてしまった。それを清が弓を使って取ってくれた。

何か鳥が、小さな白いひな鳥が手の中にいるみたいに見えた。

律は、清にそういった。

井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る

清は、弓道を続けていて早気(はやけ)になってしまった。

分かるよ、矢を手から早く放つようになってしまって、そのクセが抜けなくなる。スランプだよね。

インターハイで入賞してから、雑誌にのってしまった。そのことで他の学校の生徒も見に来るようになってしまった。

最初はいい気になったけど、息苦しくなって。人の期待に答えなければいけない、優勝しかないなんて思って。

本当の自分が分からなくなってしまった。律もまた商店街の期待の星だった。

分かるかも、何か小さい頃から期待されて。井の中の蛙っていうか。

あっ、でもその先。井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知るって聞いたことある。

清は、トイレに行きたくなってしまう。律は自分の家に連れて行く。その姿を正人が見てしまった。

ダレ?俺が寝坊している間に世界は動いている。

朝ドラ「半分、青い」51回感想

見逃した方はこちらから⇨日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です